【食養生×ヨガ】東洋の叡智で身体をキレイに!Vol.5 長夏(梅雨)編

講義1:むくみ&だるさと梅雨の関係 料理2:梅雨に楽しむ食養生点心レシピ ヨガ3:経絡ヨガでむくみ&だるさ改善

当セミナーのヨガは、オフィスやダイニングでも手軽に取り組める、座ってできるヨガが中心。さらに今回はエネルギーライン(経絡)を意識した「経絡ヨガ」をご紹介しましょう。時節柄、全身のむくみ改善に効果的な「脾経」と「胃経」を刺激するポージングを、HAS YOGAインストラクターの髙橋ちひろ先生に教わりました。

ヨガ1 脾経 三陰交(さんいんこう)を刺激するポージング

内くるぶし頂点から上、親指を除く4本の指幅分にあるツボが三陰交(さんいんこう)。このツボは脾、肝、腎の経絡に通じており、婦人科系統の不調に効果的。三陰交に刺激を与えながら、手も天へ突き上げるため、さらに身体のむくみ改善が期待できます。

正面を向いて手を膝の上におきます。

 

右手で左足首の三陰交を抑えます。

 

左手を上に伸ばします。目線は手先を見るようにします。このままの姿勢をキープしたまま、鼻から息を吸い、鼻から吐き出す呼吸を5回繰り返します。

ヨガ2 脾経 血海(けっかい)に刺激を与えるポージング

血海(けっかい)はホルモンバランスを整えるツボ。月経痛にも効果があります。上半身の動きと呼吸を加えることで、さらに気の流れの向上を図りましょう。

膝を伸ばした時にできる、膝のお皿の上部のくぼみ(血海)に手をおきます。

血海をグッと抑えます。

 

頭を下にして息を吸い、息を吐き切ります。

 

息を吸いながら頭を上げていきます。

 

息を吐きながら頭を戻し、息を吸いながら今度は手をももの上をすべらせて鼠径部(そけいぶ:ビキニライン)に持っていきます。

息を吐きながら手を血海まで戻します。一連の流れを3回繰り返します。

 

ヨガ3 胃経 頬車(きょうしゃ)に刺激を与えるポージング

小顔、二重あご、たるみなど、顔のむくみを解消するツボ。経絡への刺激に首の動きも加えることでしっかりストレッチも。毎日続けて理想のフェイスラインを手に入れましょう。

耳を中指と人差し指ではさみます。人差し指はエラの角から指1本分下にある頬車(きょうしゃ)のツボを押さえます。

そのまま手を耳の根元までスライドさせ、両肘を肩より高い位置まで突き上げ、頭を後ろへ倒します。このまま3呼吸します。

【プラスα】さらにこの後、小腸経のツボ・天装(てんそう)を刺激すると、むくみだけでなく、耳の疾患や頭痛改善にも効果的。耳下アゴの骨の後ろ角から、鎖骨中央を結ぶ線の中間よりやや下に位置するツボです。

「脾経は身体の内側、胃経は外側を通っています。特に脾経には女性に関連するツボが多いので、これらのラインを優しく刺激することで、巡りのいい身体になれます」と髙橋先生。

経絡ヨガを実際にやってみると、ツボを自分で「押す」という直接的な刺激が気持ちいいだけでなく、すぐに効きそうな気分になれるのがうれしいところ。とはいえ、ツボ押しに気を取られて呼吸を忘れることのないように…。ヨガの根本は呼吸です。呼吸に合わせて身体を動かすことで、健やかな心身を手に入れましょう。


 

 


TEXT 吉谷環
PHOTO 小杉勉(中華・高橋)

中華・高橋が作るよだれ鶏のタレ

※情報は掲載時のものです。内容は後日変更される可能性がありますので御了承ください。

コメントする

Please enter your comment!
Please enter your name here