Food Travel

食材狩人2 第1回: 日本有数のふかひれ生産地・気仙沼

中華のシェフが指名買いする「あの商品」を徹底解剖。こだわり食材の知られざるストーリーを追い求め、食材狩人が西へ東へ走ります。


2012/8/14up

1:日本有数のふかひれ生産地・気仙沼


ふかひれとはご存知のとおり、鮫のひれを乾燥させて作られる食材のこと。その形を保ったまま、ふっくらととろけるように煮込んだふかひれ姿煮や、ひれの繊維の1本1本ほぐして作る黄金色のふかひれスープは、まさに高級中国料理を代表するご馳走ですね。

ふかひれ姿煮
ふかひれ姿煮

ふかひれスープ
ふかひれスープ

こうした中国の名菜・ふかひれの原料を、中国は日本から輸入してきた歴史があることをご存知でしょうか。

特に三陸産のふかひれは、干し鮑、干しナマコとともに、江戸幕府が長崎から中国の清朝(1636-1912年)に輸出していた俵物三品のひとつ。これら乾物が今も「乾貨」と呼ばれるのは、金銀銅の代わりに決済ができるものだった名残でもあります。


ふかひれ
ふかひれ


今回取材に行ってきたのは、そんなふかひれのふるさと気仙沼市。この界隈ではもともとマグロ延縄(はえなわ)漁業がさかんな場所。そしてマグロ漁では、マグロ以上に鮫が多くかかることから、気仙沼港では日本有数の鮫の水揚げを誇ってきました。

気仙沼駅
気仙沼駅にある鮫と灯台のモニュメント。

また、気仙沼のふかひれがブランドとなり得たのは、その歴史だけでなく、加工技術力の高さもあったと言われています。そもそも、鮫の力強い泳ぎを支える、堅くしっかりとした鮫のひれを、人が食べられるくらい柔らかな食材にするためには、鮫皮や軟骨を取り除き、乾燥しては水で戻し…というように、大変な手間と時間がかかるもの。そして、その技術を受け継ぎ、現代へと継承してきたのが気仙沼の人々なのです。

そこでまずは気仙沼のふかひれを支えてきた「鮫と街の関わり」について、気仙沼市長にお話を聞きに行くことに。今回は、2011年に東日本大震災で甚大な被害を受けた気仙沼市の現状も交えつつレポートします。


NEXT TRAVEL > 菅原市長に訊く!鮫と気仙沼のいい関係



構成・文   佐藤貴子(ことばデザイン)
気仙沼の撮影 菅野勝男(LiVE ONE)

カテゴリ:
Food Travel

記事公開日: 2012/8/14

※情報は掲載時のものです。内容は後日変更される可能性がありますので御了承ください。