Chuka Lovers

Information 80Cについて

 


80Cとは


中華の食べ手と作り手をつなぐ、中華料理専門ウェブマガジン

80C(ハオチー)は、中華の食べ手と作り手をつなぐウェブマガジンです。
「見ると中華が食べたくなり、中華についてもっと知りたくなる」をモットーに、使えて学べて楽しめる、こだわりの中国料理情報をお届けいたします。


中華食材専門商社の知識・情報・ネットワークを活かして

約60年間にわたり、中国料理のプロの皆さんとともに歩んできた中華食材専門商社、株式会社中華・高橋が企画・運営しています。

当サイトでは、1987年5月より発行していた中華業界向け月刊誌「料理見聞」のDNAを受け継ぎ、食材の産地や加工場とのつながりや、約1,800件の中華料理レストランとの直接取引から得られる「生きた情報」と「ネットワーク」をコンテンツに活かしていきます。




制作ポリシー


1.ニュートラルな立場で企画・編集を行います

多くの方に中国料理の楽しさ、豊かさ、感動を伝えられるよう、取引状況や業界の枠に拘らず、常にニュートラルな立場でコンテンツを企画します。

2.ラーメン、餃子のその先へ読者を誘います

中華といえばラーメン、餃子、ありきたりのコースメニューしか選べなかった方が、より能動的に中国料理を選べるようになり、自分の好きな味を見つけられる道案内をします。

3.中国料理をエンターテインメントコンテンツに仕立てます

産地取材から着想を得て商品開発に繋げるなど、食材の背景を伝え、なおかつユーザーに身近な商品として届けられる企画をし、中華料理を脳でも、口でも味わえるエンターテインメントコンテンツに仕立てます。




タイトルの由来


「ハオチー」とは、中国語で「おいしい」を意味する言葉です。そして8は、日本でも中国でも縁起がいいとされている数字です。

日本人にとって、8は「末広がり」を思わせるもの。また、中国においては「発」、すなわち発展や成長を意味する言葉と同じ発音となり、物事が始まる時に好んで使われます。

例えば、車のナンバープレート、電話番号、お店の開業などに、8がつく番号は大人気。あの北京五輪も2008年8月8日午後8時に始まったといえば、その人気の高さがおわかりになるでしょう。

そこで、当ウェブマガジンでは、星の数ほどある中国料理や食材の魅力を「80C(80のChinesefoods、80のChuka)」という文字に託し、これから末長く、中国料理のさまざまな楽しみ方を伝えたいという想いを込めて、このタイトルを付けました。



コンテンツ紹介


中華好き人口を増やす会【座談会】

中華好きを増やすためのトークセッション。中華好き&中華業界のプロが「中華好き人口を増やす」というミッションを掲げ、ワンテーマで語り合います。


食材狩人【食材を巡る旅】

プロに愛されている中華食材を徹底的にクローズアップ。製造・生産現場からのレポートや、食材の選び方や、使い方に至るまで、ひとつの食材をいろいろな角度からご紹介します。


うまそう画像【有名シェフが作るおうち中華】

古樹軒の料理教室で有名シェフが披露した料理のワンポイント解説。トップページメインビジュアルとの連動企画です。


業界人の耳寄り情報【レストラン情報】

知っているとちょっとトクするレストランの裏情報。店に精通した中華業界の営業マンと、ごく一部のお得意様しか知らない「よりお得においしく中華を食べるための情報」をご紹介します。


中華メニューの解読法【料理の中国語】

難解な中華メニューをわかりやすく解説。現地レストランはもちろん、中国料理表記の料理で悩むことなくオーダーできる方法を指南します。


中華wiki【中華用語辞典】

読んで役立ち、時に笑える中華専門ウィキペディア。中華に対して膨大な知識と愛を抱く精鋭の書き手が、思う存分うんちくを語ります。


その他、随時企画を更新してまいります。

カテゴリ:
Chuka Lovers

記事公開日: 2012/5/11

※情報は掲載時のものです。内容は後日変更される可能性がありますので御了承ください。