Chuka Lovers

中華愛な人々 横浜中華街 料理人の会 紀州和歌山フェア

会期は6月1日(月)~8月31日(月)。「イノブタ」と「紀州うめどり」を多彩な中華でお楽しみください。

2015/5/31up

横浜中華街 料理人の会 紀州和歌山フェア

6月1日(月)~8月31日(月)の3か月間、「横浜中華街 料理人の会」が「紀州和歌山フェア」を開催します。

同会は、横浜中華街を愛し、これから中華街の食文化を担っていく、30~40代の老華僑を含む有志が2014年に結成。重慶飯店 別館一楽徳記謝甜記 貮号店獅門酒楼慶福楼 市場通り店三和楼清香園重慶飯店 本館隆蓮興昌(順不同)の料理人およびオーナーシェフが所属するもの。

当フェアは同会が企画・主催する初のイベント。イノシシと豚の交配により誕生、軽やかな脂身とコクのある赤身を持つ「イノブタ」と、南高梅で有名な和歌山特産の梅酢エキス配合飼料で育った健康鶏「紀州うめどり」をテーマ食材に料理を提供します。

目指すところは「料理を目がけてきてもらえる横浜中華街」。あなたはどの料理を食べてみたいですか?


重慶飯店 別館

姑々梅鶏(紀州うめどりの山椒唐辛子炒め)


辛味の中に、酸味と旨みが効いた四川料理の調味法“宮保”の調味。山椒には和歌山県産のぶどう山椒をたっぷり使っており、爽やかな味わいです。ちいたけや長く切り揃えられた長ネギなど、具の存在感もたっぷり。


包餅野猪肉(イノブタのピリ辛炒め クレープ包み)



木暮料理長曰く、イノブタの脂身はマンガリッツアにも似た味とか。そのバラ肉を、泡辣椒や金山寺味噌を使った、旨辛コクのバランスのいい味わいに仕立てています。レタスと一緒に薄餅(小麦粉の皮)に巻いて。

(料理長 木暮浩三/各2,400円)



一楽

蜜汁叉焼(イノブタバラ肉の蜜焼き叉焼)


一楽で人気の蜜汁叉焼をイノブタのバラ肉で。特製のタレに丸一日漬け込み、たっぷり蜜を付け焼釜で香ばしく焼き上げました。豚肩ロースで作る定番の叉焼と、食べ比べも楽しい一品。


油淋梅鶏(紀州うめどりの一枚揚げ じゃばらソースがけ)


紀州うめどりの産地、和歌山にちなんで油淋鶏をアレンジ。モモ肉に衣を付けてサクッと揚げ、和歌山名産の柑橘・じゃばらの果汁とぶどう山椒で作ったタレをかけた一品。

(料理長 小俣順吾/各1,500円)



徳記

紫羅炒野猪肉(イノブタと夏野菜の甘酢炒め)


イノブタのバラ肉と夏野菜を炒め、素材のおいしさをストレートに打ち出した一品。新生姜を使い、さっぱりとした味わいに仕立てています。

(料理長 李寅和/2,500円)



謝甜記 貮号店

美极鶏球串(紀州うめどりの中華風揚つくね)


創作料理が楽しいという、水谷料理長の和中ハイブリッド中華。タレは和歌山県産の梅蜜がベース。香りづけに和歌山県産のぶどう山椒を使用した中華風つくねです。お酒のつまみに。

(料理長 水谷有/1,080円)



獅門酒楼

三杯梅鶏(紀州うめどりの三杯ソース炒め)


台湾料理の定番「三杯鶏(サンベイジー)」をアレンジ。醤油・梅酒・ごま油による“三杯”と、にんにく、生姜、唐辛子、バジルの香味野菜が織り成す、食と酒のすすむ味わいです。ごはんのおかずにもぴったり。

(料理長 原田啓介/1,500円)



慶福楼 市場通り店

蜜汁焼鶏腿(紀州うめどりの果実ソースがけ)


紀州うめどりのモモ肉を皮ごとパリッと焼き上げ、甘酸っぱいレモン風味のソースで絡めた慶福楼 市場通り店スタイルのレモンチキン。

(オーナー 高谷輝和/1,600円)



三和楼

紀州うめどりとズッキーニの梅じそ炒め


紀州うめどりにズッキーニを取り合わせた夏らしい一品。紀州南高梅の甘やかな酸味と、青じその爽やかな香味が食欲を増します。

(料理長 二口良和/1,890円)



清香苑

乾蒸梅鶏(紀州うめどりと百合の花の蒸し)


ここで言う“百合の花”は、中華食材の金針花で、乾燥させたキスゲの花のこと。肺を潤す食材として薬膳にも使われる食材で、鶏と合わせて蒸した、クラシックな広東料理です。

(オーナーシェフ 高谷清/1,600円)



重慶飯店 本館

宮保野猪肉(イノブタの山椒唐辛子炒め)


鶏の“宮保”を提案する「重慶飯店 別館」に対し、本館はイノブタで“宮保”を提案。夏を象徴する食材・苦瓜を取り合わせ、精のつく一品に。和歌山産ぶどう山椒で爽やかな風味も持ち味です。

(料理長 鈴木浩太郎/2,400円)



隆蓮

うめどりすどり


酢豚の調味法である“糖醋”の鶏版。広東式のまろやかな甘酢が、ふっくらとした紀州うめどりの肉に絡む、ごはんにもお酒にもいける一品。


スペアリブの南高梅ソース蒸し


豚スペアリブを和歌山名産・南高梅を使った甘酸っぱいソースで蒸し上げました。骨付きのまま、豪快にかぶりついていただきます。(※イノブタではありません)

(隆蓮 オーナー 関野隆徳/各1,900円)



興昌

辣味炒梅鶏塊(紀州うめどりのピリ辛炒め)


紀州うめどりと季節の野菜、どんこ椎茸を、朝天辣椒やニンニクで香り高く炒めたピリ辛仕立て。仕上げにあしらった梅ゴマが酸味と香ばしさを加えます。

(オーナーシェフ 朱武/1,600円)



▼こちらの記事も一緒にどうぞ

横浜中華街 料理人の会が目指す、味自慢の街・中華街とは?








Text:佐藤貴子
Photo:小杉勉、佐藤貴子


カテゴリ:
Chuka Lovers

記事公開日: 2015/5/31

※情報は掲載時のものです。内容は後日変更される可能性がありますので御了承ください。