台湾のパイナップルケーキブランド
SunnyHills(微熱山丘)がついに東京へ!

台湾土産の定番といえば鳳梨酥(パイナップルケーキ)。口に含むとホロッと崩れる生地と、フルーティーな餡の取り合わせは、一度食べたら忘れられないですよね。

その中でも、パイナップルケーキ好きが一目置く店といえば、台湾の南投にある「SunnyHills(サニーヒルズ/微熱山丘)」です。

なぜなら、同店では完熟したパイナップルに、砂糖と麦芽糖を加えて煮込んだ、シンプルでピュアなパイナップル餡を使用しているから。一般的にパイナップルケーキの餡は、粘度や食感を調整するために冬瓜を混ぜて作られているため、この味と香りが瞬く間に評判になったのです。

パイナップルケーキ
台湾で購入したSunnyHillsのパイナップルケーキ

そんなパイナップルケーキの店が今年、日本に来る来る…と噂されていましたが、2013年12月21日(土)11:00、ついに東京・南青山にオープンすることに!

場所は「ホテルフロラシオン青山」の斜め向かいという閑静なエリア。建物は3階建てで、1Fがショップ、2Fと3Fではお店で買ったパイナップルケーキを中国茶とともにいただける、ほっとくつろげるスペースになっているそう(※カフェではありませんので御注意を)。

気になる価格は5個で1500円、10個で3000円。個包装は1個70×30×30mm、重量50gですから、そこそこ食べごたえもあります。ファンにとっては、あのパイナップルケーキが東京で買える日が来るなんて…!と感無量ですよね。自分用はもちろん、手土産としてもおすすめですので、ぜひ足をお運びください。

5個入りパッケージ
5個入りパッケージ

 

 


>>今までの「業界人の耳寄り情報」一覧

中華・高橋が作るよだれ鶏のタレ
日本橋古樹軒

※情報は掲載時のものです。内容は後日変更される可能性がありますので御了承ください。

7/18 神田雲林式・富貴鶏とフカヒレ食べ比べの宴!

80C(ハオチー)リニューアル記念イベント第一弾を開催します!これまでWEBを通じて情報を提供してきた80Cですが、これからはリアルに読者とつながるメディアを目指します。

イベント第一弾は「神田雲林」にてスペシャルディナー会を開催!「古樹軒」料理教室の人気講師でおなじみの、成毛先生のお店です。

メインは「フカヒレの食べ比べ(吉切鮫の尾ビレ・背ビレ・胸ビレ)」と「富貴鶏(こじきどり)」。

フカヒレの各部位の食感の違いがわかる、夢のような食べ比べです。通常は手間やコストがかかるため非常に難しい企画ですが、それは任せてください。気仙沼で高品質なふかひれを作る中華・高橋(80Cの運営会社)がフカヒレを提供します!

▶▶▶ イベント詳細はこちらから!

楽しくてためになる!無料メルマガをお届けします!

中華イベントをはじめ、中華の「おいしい」が体験できる情報をメールにてお届けします(無料)。

 
お名前
メールアドレス

個人情報の取り扱いはこちらをご確認ください。

SNSでも中華料理情報を発信しています!

料理人も見ています!80C [ハオチー] Facebook

世の中で話題の中華情報がわかる!80C [ハオチー] twitter

料理画像で中華を知ろう!80C [ハオチー] Instagram

Instagram
前の記事歩高里(ブルゴーニュ)六本木店(港区・六本木)
次の記事ひる中華ランキング  10月16日~11月15日

コメントする

Please enter your comment!
Please enter your name here