Restaurant Now

うまいもの手帖 マックチュロスは油条なのか?

マクドナルドが5月7日から発売している新メニュー「マックチュロス」について、多面的に考察してみました。

2014/5/10up

マックチュロスは油条なのか?

マクドナルドが5月7日から発売している新メニュー「マックチュロス」が、油条(ヨウティアオ)にそっくりだと評判です。


揚げたての油条(「御田町 桃の木」小林武志シェフの古樹軒料理教室にて)


油条とは、ひと言でいうと中国式の揚げパン。
粥や豆乳、豆腐脳(おぼろ豆腐に具やたれをかけたもの)と一緒に食べることが多く、中国や台湾では伝統的な朝食向けファーストフードといえます。


山東省の聖地・泰山山頂で提供された朝食(豆漿(豆乳)×油条)



北京の街角の油条売り


また、安くて早くてカロリーが高い、という点で、油条は現代のファーストフードとも親和性が高いもの。実際に、中国のケンタッキーフライドチキンでは、このような油条が販売されています。


上海の肯徳基(ケンタッキーフライドチキン)で提供していた粥×油条


そして、日本のマクドナルドが売り出したマックチュロスがこちらです。


日本のマクドナルドで購入したマックチュロス



見た目は油条、では味は?


この類似性をいち早く話題にしたのは、やはり在日中国人のみなさん。ダイヤモンドオンラインに掲載している莫邦富さんの連載によると、実は発売前から話題になっていたようですね。

この存在を編集部が知ったのは、中国人のFacebookフレンドの投稿から。マックチュロスの発売日である5月7日の投稿に「マックの油条を食べ過ぎて…」とのポストがあり、尋ねてみると「マックの油条とスーパーで買ってきた無調整豆乳を食べました」と言うじゃありませんか。

まさかと思ってマクドナルドに買いに行ってみると、確かにこれは…。



袋の「HOT,CRISPY AND DELICIOUS」を「熱、脆、和好吃」と中国語に訳して書けば、まるで油条!



嬉しくなって豆乳と並べてみても、まるで油条!



あまりにも油条なので、お粥に入れるため刻んでみましたが、揚げたシュー皮のような断面もまるで油条でした。

では肝心の風味は?というと、極々ほんのりとした塩味に、マクドナルドのアップルパイの油の香り、噛めば空気をたっぷり含んだ「サクむは」の食感。

あえて油条との違いを挙げるなら、元々油条は2本の生地をねじり合わせるようにして成形しますが、マックチュロスは真っ直ぐである、という点です(とはいえ、中国のケンタッキーではまっすぐなので、何ら問題はありません)。



屯渓(安徽省)の長ーーーい油条



マックチュロスは
裏ローカライズメニューなのか?


それにしてもここまで油条っぽいと、開発段階で「これ油条だよね?」という意見もあったはずだ…と思いませんか。大方の日本人にとって、チュロスといえば東京ディズニーランド。あの長いドーナツ風の食べものが、大方の日本人が知っているチュロスなんです。

では、どうしてこうなったのか?

ひとつ考えられるのは、68万7000人超の日本に住む中国人・台湾人のみなさんをターゲットに、日本マクドナルドが「マックチュロスという名目で油条を売ろう!」と思ったということ。

なぜなら、見てみてください。日本マクドナルドのマックチュロスキャンペーンページに「毎日朝5:00~翌朝4:59」と書いてあるじゃありませんか。これはやっぱり“朝マック=朝食の定番・油条”を意識したものと思わざるを得ないかと…。

いずれにせよ、日本で中国料理の普及をモットーとする80C(ハオチー)編集部では、豆乳やお粥とともに、ぜひこの機会にこのマックチュロス(1本159円(税込)期間限定発売)を楽しんでいただけたら何よりです。今なら、日本ではなかなか味わえなかった、揚げたての油条が全国で味わえるんですから。





TEXT:佐藤貴子(ことばデザイン)
PHOTO:西田伸夫(古樹軒料理教室油条)、小杉勉(中国油条)、佐藤貴子(マックチュロス)

カテゴリ:
Restaurant Now

記事公開日: 2014/5/10

※情報は掲載時のものです。内容は後日変更される可能性がありますので御了承ください。