4月1日(金)、六本木3丁目に、大人のためのカウンター中華「虎峰(こほう)」がオープンします。

 

20~25品の料理をお酒orお茶のペアリングで

料理長を務めるのは、山本雅(やまもとまさし)さん(31歳)。大阪の四川料理店で料理人としてのキャリアをスタートさせ、スイスホテル南海大阪のレストラン「中国料理 エンプレスルーム」で4年。上京し、『ミシュランガイド東京』星取店「MASA’S KITCHEN」で4年の経験を積んでいます。

独立を見据え、中華に軸足を置きつつ、フランス料理店でも修行を重ねたそうで、これまでの経験から「食材に合わせた調理法と温度管理を大切にしたい」と山本さん。
食材は能登の野菜や、群馬県加藤畜産の加藤ポークなど、こだわりのものを日本各地から吟味。一品一品の風味をしっかり感じてもらえるよう、20~25品で構成されるおまかせコースを提供する予定です。

コースは13,000円の1本勝負(水のペアリング込・税別・サービス料10%別)。それぞれの料理に合わせて、軟水、硬水、ガス入りなど、水のペアリングが基本セットになっており、他のドリンクもペアリングを提案。
アルコールのペアリング(6,000円)はソムリエの選ぶワインを中心に、日本酒や紹興酒を織り交ぜることも。ノンアルコールではお茶のペアリング(3,500円)を用意しています。

場所は、六本木の中でも「香妃園」や「瀬里奈本店」などがある、駅チカの賑やかな繁華街。気鋭の新店として注目ですね。

 


>>今までの「業界人の耳寄り情報」一覧

中華・高橋が作るよだれ鶏のタレ

※情報は掲載時のものです。内容は後日変更される可能性がありますので御了承ください。

コメントする

Please enter your comment!
Please enter your name here