コンセプトは“蕎麦前”。
飲んで、つまんで、麺で〆。

原宿竹下通りのさらに奥、石畳と洋館が印象的なブラームスの小径(こみち)に、5月13日(土)「原宿はしづめ」がオープンしました。

外観

「はしづめ」は、都内有数のホテルやレストランに中華麺を卸す老舗、橋爪製麺が運営するレストラン。5年前、広尾に誕生した一号店は、ごぼうや柚子など、季節の素材を練り込んだ麺料理が評判。続く青山店は、古民家で楽しむ上質なコース料理がウリ。

そして、このたびオープンした原宿店のコンセプトは蕎麦前(そばまえ)。蕎麦前とは、そば屋でそばをいただく前に、板わさや焼きのりなどをアテにお酒を嗜むこと。すなわち同店では、中華のエッセンスを宿した料理を酒の友にしつつ、はしづめ自慢の麺で〆るという楽しみ方がイチ押しなのです。

「日本では中華麺=ラーメンと捉えられがちですが、それとは別物として中華麺を楽しんでいただきたい」と話すのは、レストラン事業の立ち上げに関わってきたマネージャーの小林さん。広尾で麺料理を中心に5年間培ってきたものが、この店のコンセプトへと繋がっているのだそう。

料理はアラカルトのみで、気になるお酒はワインと紹興酒が中心。厨房に入るのは、広尾店と青山店を立ち上げ、「はしづめ」を店を育ててきた初見シェフです。そばの前に気軽につまんで飲んで、〆は自慢の麺という中華はありそうでなかったスタイル。気軽に上質な中華を楽しむきっかけとなりそうな店ですね。

 

 


>>今までの「業界人の耳寄り情報」一覧

中華・高橋が作るよだれ鶏のタレ
日本橋古樹軒

※情報は掲載時のものです。内容は後日変更される可能性がありますので御了承ください。

7/18 神田雲林式・富貴鶏とフカヒレ食べ比べの宴!

80C(ハオチー)リニューアル記念イベント第一弾を開催します!これまでWEBを通じて情報を提供してきた80Cですが、これからはリアルに読者とつながるメディアを目指します。

イベント第一弾は「神田雲林」にてスペシャルディナー会を開催!「古樹軒」料理教室の人気講師でおなじみの、成毛先生のお店です。

メインは「フカヒレの食べ比べ(吉切鮫の尾ビレ・背ビレ・胸ビレ)」と「富貴鶏(こじきどり)」。

フカヒレの各部位の食感の違いがわかる、夢のような食べ比べです。通常は手間やコストがかかるため非常に難しい企画ですが、それは任せてください。気仙沼で高品質なふかひれを作る中華・高橋(80Cの運営会社)がフカヒレを提供します!

▶▶▶ イベント詳細はこちらから!

楽しくてためになる!無料メルマガをお届けします!

中華イベントをはじめ、中華の「おいしい」が体験できる情報をメールにてお届けします(無料)。

 
お名前
メールアドレス

個人情報の取り扱いはこちらをご確認ください。

SNSでも中華料理情報を発信しています!

料理人も見ています!80C [ハオチー] Facebook

世の中で話題の中華情報がわかる!80C [ハオチー] twitter

料理画像で中華を知ろう!80C [ハオチー] Instagram

Instagram
前の記事イチリンハナレ(神奈川県・鎌倉市)
次の記事食材狩人1-2:広島牡蠣の育て方。

コメントする

Please enter your comment!
Please enter your name here