Restaurant Now

業界人の耳より情報 青山シャンウェイ 神楽坂店(新宿区・神楽坂)

鉄板中華の人気店が神楽坂下に誕生!店内の大窯やシュラスコマシンで焼き上げる焼味にも注目です。

2017/11/30up

鉄板中華に焼き物三昧!
『孤独のグルメ』ドラマ版登場のあの料理も!

神楽坂下交差点からほど近い複合ビル「ポルタ神楽坂」2Fに、11月28日(火)「青山シャンウェイ神楽坂店」がオープンしました。

青山シャンウェイ神楽坂店
青山シャンウェイ神楽坂店外観。


「青山シャンウェイ」は、中華鍋のみならず、鉄板で調理する中華料理が評判の店。近年は『孤独のグルメ』TVドラマ版の舞台ともなり、井ノ頭ゴローが食べた「毛沢東のスペアリブ」で改めて注目されました。

神楽坂店は、そんなシャンウェイ初のフランチャイズ展開店。料理長に就任する名田定広さんは、広東料理の焼き物の名手として知られ、「銀座 福臨門」を経て、ヴァンナチュールと香港焼味(シュウメイ:焼き物)で注目を集めた「楽記」の料理長を務めたベテラン。

近年は日本各地の中国料理店や食肉メーカーに赴き、精力的に焼き物の指導に当たってきており、このたび満を持して自らが腕を振るう店のオープンとなりました。

ダイニング
料理長の名田定広さん。



鉄板中華×香港焼味で広がる中華の可能性

そもそも「青山シャンウェイ」と、名田さんが名を上げた「楽記」は、ともに外苑前のキラー通りにある店同士。「楽記」を退職後、店の開業を目指す名田さんと、シャンウェイの佐々木オーナーシェフの交流の中で意気投合し、神楽坂で鉄板中華と焼き物の両方が楽しめる店を…と誕生したのがこの神楽坂店。

厨房には中華で定評のある厨房機器メーカー、タニコーの大型焼き窯を導入したほか、新たな焼き物を提案する調理器具として、シュラスコグリルマシーンも設置。そのために、料理長はシュラスコとブラジル料理の名店「バッカーナ銀座」でも修行したのだそう。

焼き窯
大型の焼き窯。ここから繰り出される焼味に期待大ですね。


「焼肉(シュウヨッ)や、叉焼(チャーシュウ)は今まで通り窯で焼き上げ、シュラスコグリルマシーンは串に刺して提供する焼き物に使いたいと思っています。ケーキ入刀のような感じで、卓上で肉を切り分けて盛りあがってほしいんです」と話すのは名田さん。

名田さん
「焼肉(シュウヨッ:皮付豚のクリスピー焼き)を、卓上でこんな風に好みの分量をサーブしてみたいんです」と名田さん。
※写真は生肉です。実際は焼き上げた肉になります。


今までいろんな料理人に焼き物の技を教えてきた名田さんですが、「ここで出すのは、まだ誰にも教えていない新たな味。この箱で、焼き物の可能性をもっと広げていきたいです」と夢を語ってくれました。

焼き物は単品でのオーダーも可能ですが、事前に予約の上、おまかせで盛り合わせにするのもよさそうです。

アイスバインの串焼き
アイスバインの串焼き2,480円。4時間蒸したアイスバインをシュラスコグリルで豪快に調理。
※料理の提供方法は日によって異なります。


焼肉
窯焼き料理いえば焼肉(シュウヨッ)。サクッサクのクリスピーな皮!



サラダバー付きランチはコスパ抜群!
パワフルな料理人も募集中

ディナーの予算はドリンク込で6,000円前後が目安。前述の焼き物はもちろん、シャンウェイの定番メニューもラインナップしています。また、ランチは青山店と同様にサラダバーもついて1,000円前後と満腹必至、気軽な食堂として利用できそう。


やわらか蒸し鶏の葱醤油 半羽1,680円 1羽2,980円。骨までホロホロに調理した、青山シャンウェイの名物料理。さっぱりとした鶏の身にタレと葱をのせ、チンチンに熱した油をジュッとかけて提供。



白はまぐりとニラの炒め物1,280円。炒め煮にした汁までいただくには、別オーダーで白ごはん投入がおすすめ。


また、現在のところ厨房にヘルプは入っていますが、さらなるパワーアップのため、料理人を募集中とのこと。中華鍋、鉄板、焼き釜、シュラスコグリル、まな板…と手数の要る厨房ですので、中国料理で様々な調理を経験し、技を身につけたい方はぜひ。

店内
店内


名田さん
ライブハウスに足繁く通う名田さん。音楽、プロレス、焼き物を愛する40代です。




>>今までの「業界人の耳寄り情報」一覧


カテゴリ:
Restaurant Now

記事公開日: 2017/11/30

※情報は掲載時のものです。内容は後日変更される可能性がありますので御了承ください。

同シリーズの記事