神田須田町「神田 雲林(カンダ ユンリン)」三浦壮太シェフ
神田須田町「神田 雲林(カンダ ユンリン)」三浦壮太シェフ

第177回「わかば食堂」(2018.6.6)

一日料理長は、「神田 雲林(カンダ ユンリン)」三浦壮太シェフ[23歳・料理人歴4年/東京都国立市出身]でした。

元々はホテルの中国料理店から料理人キャリアをスタートしたという三浦さん。実は「神田 雲林」に転職したのは、まだ数ヶ月前だとのこと。

それも、自分の得意料理の麻婆豆腐をもっと極めようと、ネットで麻婆豆腐の名店を探してヒットした雲林の門を叩いたとのことでした。

「麻婆豆腐だったら、四川料理店にしなかったの?」と聞くと、

「入ってから四川料理店じゃなかったことに気づきました(笑)。でも、毎月コース料理のメニューが変わり、色々な料理を学べるので、雲林に移ってよかったです」と言っていました。

「拘束時間が長くて、家に帰るのはいつも終電ちかくになって大変だけど、やりがいがあります。以前は開業は考えていなかったけど、雲林の周りの人たちを見ていて、店を出すことも考えるようになりました」とのことでした。

神田須田町「神田 雲林(カンダ ユンリン)」三浦壮太シェフ
神田須田町「神田 雲林(カンダ ユンリン)」三浦壮太シェフ

 

当日のメニュー

  • 主菜
A:トマトと旬野菜を使ったさっぱり冷し麺
A:トマトと旬野菜を使ったさっぱり冷し麺
B:四川山椒と唐辛子 超低温調理した酢豚
B:四川山椒と唐辛子 超低温調理した酢豚
  • 前菜
ナツメのもち米詰め 金木犀風味/スティック野菜のピータンソース/タコの台湾バジルソース和え
ナツメのもち米詰め 金木犀風味/スティック野菜のピータンソース/タコの台湾バジルソース和え
  • スープ
牛スネ肉と冬瓜の蒸しスープ
牛スネ肉と冬瓜の蒸しスープ
  • デザート
2色のグレープフルーツとライチの水晶仕立て ライチソースがけ/天然酵母老面を使用した中華蒸しパン
2色のグレープフルーツとライチの水晶仕立て ライチソースがけ/天然酵母老面を使用した中華蒸しパン
>わかば食堂とは

>facebookページ

>一日料理長で腕試したい35歳以下の中国料理人募集中


text & photo 小杉勉


 

中華・高橋が作るよだれ鶏のタレ
日本橋古樹軒

※情報は掲載時のものです。内容は後日変更される可能性がありますので御了承ください。

コメントする

Please enter your comment!
Please enter your name here