第175回一日料理長
信濃町「明治記念館 中国料理 竹游林」中山敬介シェフ

第175回「わかば食堂」(2018.5.23)

一日料理長は、「明治記念館 中国料理 竹游林」中山敬介シェフ[33歳・料理人歴14年/茨城県守谷市出身]でした。

「竹游林」からは4人目の登場となった中山さん。「わかば食堂」なのだから若いのにやらせようというお店の方針で、次々と後輩たちが一日料理長をやっていき、自分の出番は回ってこないのかとの思いもあったので、やっと出れて嬉しいとのことでした。

小学生の頃に『料理の鉄人』にハマって、その頃は”和の鉄人”道場六三郎さんの大ファンだったとのこと。しかし、その後に見た料理人のドキュメンタリー番組を見て、「こんな厳しい世界は無理」と思ったそう。

しかし、高校卒業後にできたばかりの調理師学校に一期生として入学し、そこで中国料理に目覚め、同期の中でただ一人中華の道に進んだとのことでした。

そして、実際に入った中華の世界はどうだったか尋ねると「地獄でした」と言うものの「でも、もう無理とか言うことは無かったです」と笑いながら言っていました。

第175回一日料理長
信濃町「明治記念館 中国料理 竹游林」中山敬介シェフ

 

当日のメニュー

  • 主菜
[主菜A]海鮮湯炒飯|海鮮青のりスープ炒飯
A:海鮮青のりスープ炒飯
B:牛すじマーボー豆腐
B:牛すじマーボー豆腐
  • 前菜
前菜
空豆の葱唐辛子和え/ホタルイカの紹興酒漬け/
低温調理した豚ロースの網焼き~パクチーソース掛け~
  • スープ
スープ
新玉葱とトマトの卵スープ
  • デザート
デザート
甘夏みかんゼリー ココナッツムースのせ
>わかば食堂とは

>facebookページ

>一日料理長で腕試したい35歳以下の中国料理人募集中


text & photo 小杉勉


 

中華・高橋が作るよだれ鶏のタレ

※情報は掲載時のものです。内容は後日変更される可能性がありますので御了承ください。

コメントする

Please enter your comment!
Please enter your name here