横浜「崎陽軒 本店」日比野慎司シェフ
横浜「崎陽軒 本店」日比野慎司シェフ

第215回「わかば食堂」(2019.6.5)

一日料理長は、横浜「崎陽軒 本店」日比野慎司さん[25歳・料理人歴7年/神奈川県横須賀市出身]でした。

料理人歴3年以下の一日料理長が3週続いた後での、キャリア7年目ともなると、若干貫録も感じられるくらいに調理をこなしていた日比野さん。

ところが、大所帯の崎陽軒にあっては7年目でも、やっとお客様に提供する料理も作らせてもらえるようになったところだそう。

早くから料理を作らせてもらえるようになるのと、じっくりと基礎から時間をかけて修行させられるのと、どちらが良いのかは、一概には言えないと言っていました。

以前勤めていたお店よりも今の方が大変とのことだったので、じゃあなんで転職しちゃったのと聞くと、「家族を食わせていくため」と答え、以前の店の時の先輩が崎陽軒に移っていたため、そのツテで崎陽軒に転職したとのことでした。

「わかば食堂」へは、他の崎陽軒からの一日料理長の時にアシスタントとして来たことがあり、すでにどんな感じかなのかは知っていたため、調理や提供もスムーズで、料理自体もお客様からは好評でした。

 

横浜「崎陽軒 本店」日比野慎司シェフ
横浜「崎陽軒 本店」日比野慎司シェフ

 

当日のメニュー

本日の料理
本日の料理
  • 主菜
    夏野菜の冷やし麺
    夏野菜の冷やし麺

    ピーマンと豚肉の細切り炒め
    ピーマンと豚肉の細切り炒め
  • 前菜
    もろこしと生身の湯葉巻き揚げ 特製マヨネーズ
    もろこしと生身の湯葉巻き揚げ 特製マヨネーズ
    ナマコと刺身ゆばの香りポン酢蒸しウニのせ
    ナマコと刺身ゆばの香りポン酢蒸しウニのせ

    甘酢野菜の湯葉巻き キンカンアロエを添えて
    甘酢野菜の湯葉巻き キンカンアロエを添えて
  • スープ

    ジュンサイと豆腐のとろみスープ
    ジュンサイと豆腐のとろみスープ
  • デザート

    紹興酒風味のプリン
    紹興酒風味のプリン

 

>わかば食堂とは
>facebookページ

text & photo 小杉勉


 

※情報は掲載時のものです。内容は後日変更される可能性がありますので御了承ください。

7/6(土)16時~ 横浜中華街で食べる子豚丸焼きの会開催!

80C主催のイベントを7月6日(土)16時~に開催します。3回目となるイベントの目玉は広東料理の名物の一つ「子豚の丸焼き」です。

料理をオーガナイズていただくのは人気連載・横浜オールド中華探訪でお馴染みの「ぴーたん」氏。もちろん当日も来ていただき、楽しい中華街トークもあります。初夏のはじまり、本気の中華街の実力味わってみませんか?

子豚の丸焼き
よだれ鶏、雲白肉のたれ、香港式海鮮のたれ よだれ鶏 日本橋古樹軒
  • 酒徒
  • 横浜オールド中華探訪

楽しくてためになる!無料メルマガをお届けします!

中華イベントをはじめ、中華の「おいしい」が体験できる情報をメールにてお届けします(無料)。

 
お名前
メールアドレス

個人情報の取り扱いはこちらをご確認ください。

SNSでも中華料理情報を発信しています!

料理人も見ています!80C [ハオチー] Facebook

世の中で話題の中華情報がわかる!80C [ハオチー] twitter

料理画像で中華を知ろう!80C [ハオチー] Instagram

Instagram
前の記事横浜オールド中華探訪12|横浜中華街で買える台湾・上海・広東系ちまき
次の記事本場広東の味を!横浜中華街で食べる子豚丸焼きの会 in 大珍楼

コメントする

Please enter your comment!
Please enter your name here