Chuka Lovers

惚れる!中華のサービス vol.4-1 李秀珍さん(山西亭)

日本語はあまり通じなくても「いい人だな」というのは伝わってくる。そんな中国人のサービスに胸キュンする方は必見!人気シリーズに「山西亭」の李秀珍さんが登場です!

次ページ

2017/3/29up


アットホームなサービスに胸キュン!
なぜ人は「山西亭」へ向かってしまうのか?


“麺食のふるさと”と称される、中国山西省の郷土料理店「山西亭(さんせいてい)」。日本でなじみのある中国料理は、広東、上海、四川、東北料理などが多いため、山西料理とはいったいどのようなものか、イメージしづらいかもしれません。

そもそも山西省ってどこ?と言いますと、北は万里の長城を挟んで内モンゴル自治区、南は黄河を挟んで河南省と接する地域。小麦や高粱が収穫できることから、麺料理が豊富で、黒酢の醸造でも有名なところです。



平遥古城
世界遺産の「平遥古城」は、明から清代末期まで山西商人の拠点として栄えた場所。清代には「票号」と呼ばれる為替業務を扱う商人の街として名を馳せました。


そんな山西省の味を提供する「山西亭」ですが、口コミサイトやSNS、ブログ等などに綴られている感想を見ると、初めて出合う料理への喜びの声とともに「サービスのお姉さんが優しい笑顔で、気持ちよく利用できた」といったコメントも目に留まります。

その“優しい笑顔のお姉さん”が、写真の李秀珍(り しゅうちん)さん。私たちの山西料理デビューを優しくサポートしてくれる“店の顔”です。



学生食堂、ホテル、病院、朝ごはん専門店…!
中華のサービスひと筋20余年

秀珍さんのサービス歴は、山西省の省都・太原の招待所(宿泊施設)のレストランから始まり、ここでご主人との出会いも経て、これまで飲食一筋20余年。

「結婚して、太原の黄陵芸術学校に、夫と夫の両親と一緒に食堂開きました。ここは毎日200人くらいお客さん来たね。その後、山西大学でも食堂やりました。刀削麺と不烂子(ブランズ)が人気で、学生たち毎日食べに来たよ」。



不烂子


繁盛店を切り盛りしていても、新天地を目指す姿勢はさすが中国人。李さん夫妻は北京へ上京し、「釣魚台国賓館」の近くにある「裕龍大酒店」に勤めたのち、独立して海淀区の「海軍総合病院」の食堂を運営。お客さまの目の前で、自慢の刀削麺を削る店で人気を呼びます。

そんな2人が日本に来ることになったのは、2003年~04年のこと。福岡で働いていたご主人のいとこの声がけで、北九州の門司を皮切りに仕事を開始。のちに東京へ移って中国料理店、黒豚しゃぶしゃぶ店などに勤務。ご夫婦ともに日本の飲食店で経験を積みました。

日々は慌しく、故郷に残してきた息子も気になる…。そんな中、仕事を全うしながらも、二人が胸に抱いていたのは「いつか日本で山西料理の店を自分達で開き、故郷の味を広めたい」という想い。その夢が、ある日本人との出会いをきっかけに、花開くことに…!


1 2 3 4 >NEXT

>2:山西亭の開業には、影の立役者「ミスターX」がいた!



TEXT 本多政子
PHOTO 宮濱祐美子(人物)、小杉勉(平遥古城)、佐藤貴子(不烂子)


カテゴリ:
Chuka Lovers

記事公開日: 2017/3/29

※情報は掲載時のものです。内容は後日変更される可能性がありますので御了承ください。

同シリーズの記事