一面に広がる菜の花畑をイメージさせる黄色い皮と、あたたかな色合いのピンクや緑の彩り。春らしい、まさに「眼福」「口福」な一品ですね。

この点心を作られたのは、2016年、新たに古樹軒の料理教室『中国料理の友』のレギュラー講師になられた点心師・茂手木章先生。色鮮やかな菜花焼売、作り方のポイントはどこにあるのでしょうか。

菜花焼売

【菜花焼売の作り方】

まず作るのは黄色い皮。材料は卵、水溶き片栗粉、塩で、これらを箸で混ぜ合わせます。この時、ホイッパーなどを使うと、コシのない生地になってしまうのでご注意を。ムラのない黄金色に仕上げるため、混ざったら丁寧に濾しておきます。

続いて生地を焼きますが、ここでは焦がさないよう、フッ素樹脂加工のフライパンなどを使うと便利。油を薄く引いたフライパンに生地を広げ、片面にじっくりと火を通しましょう。もう片面は油が付かないよう、フライパンをサッと撫でる程度の仕上げ返し。
火が通ったら、直径約7.5㎝の型でくりぬきます。皮の残りは、具の菜の花の残りと一緒に炒め、おかずにすると無駄がありません。

餡はむきエビ、筍、豚の背脂、そして菜の花の茎。菜の花の茎は輪切りにし、さっと炒めることで鮮やかな緑色に。炒めずにそのまま混ぜ込んでしまうと、くすんだ色になってしまいます。また、ごま油を入れることで、香り高い仕上がりに。餡を包むときは、油が付いていない面に載せることで、餡と皮が剥がれず、きれいに蒸し上がります。

最後は十分に湯気が上がった蒸篭で5分ほど蒸したらできあがり。そのまま味わうのもよし、赤酢を付けていただくのもよし。鮮やかな点心で春の訪れを楽しみましょう。

 

料理:茂手木章(点心師)
撮影:2016年2月9日の 古樹軒の料理教室にて
中国語料理名:菜花烧卖 (cài huā shāo mài / ツァイ ファ シャオ マイ)


text 近江文代
photo 西田伸夫

※情報は掲載時のものです。内容は後日変更される可能性がありますので御了承ください。

10/13 食欲の秋、北京ダックを食べ尽くす会

誰もが一度は夢に見たことがある、北京ダックを食べつくしてみたい!をテーマに80C×全聚徳でイベントを開催します!

イベント第二弾は「全聚徳」。全聚徳=北京ダックと言っても過言ではない中国を代表する老舗。

北京ダックの皮、肉もすべて使用し、食べつくします。そして、家鴨の骨を使ったスープでダシを取り、〆の麺に…まさに家鴨尽くし。

会費はなんと5000円!気軽に北京ダックを食べてほしい、中華料理をもっと好きになってほしい、そんな思いのもとイベントを企画しています。詳しくはリンクをご覧ください。

全聚徳
日本橋古樹軒
  • 酒徒
  • 横浜オールド中華探訪

楽しくてためになる!無料メルマガをお届けします!

中華イベントをはじめ、中華の「おいしい」が体験できる情報をメールにてお届けします(無料)。

 
お名前
メールアドレス

個人情報の取り扱いはこちらをご確認ください。

SNSでも中華料理情報を発信しています!

料理人も見ています!80C [ハオチー] Facebook

世の中で話題の中華情報がわかる!80C [ハオチー] twitter

料理画像で中華を知ろう!80C [ハオチー] Instagram

Instagram
前の記事旅中華 2016上海
次の記事注目されること間違いなし! 「食べられる風船」はこうして作る

コメントする

Please enter your comment!
Please enter your name here