乾物と漬物で炒めるおかず中華

この料理は、担担麺に入れる漬物としても知られる芽菜(ヤーツァイ)と干し海老でインゲンを炒めるという定番の四川料理に、ナスを加えてアレンジしたもの。漬物と干し海老のコクと旨みを活かした味わいは、おかずやおつまみにぴったり。さらに保存食で作れるところも便利です。

ところでみなさんは、干し海老などの乾物を戻すとき、どのくらいの水の量で戻していますか。戻し汁は出汁(だし)として使えるので、多めの水で戻す方もいるのではないでしょうか。実はあまり知られていないと思いますが…「ひたひたの水で戻す」が正解です。水が多いと出汁の量は増えるものの、食材に味が残りにくくなるのがその理由。食材を戻すときは、水加減が肝心なのです。

また、日本的な視点では、インゲンは食感を残すように調理するのがよしとされますが、この料理は別。芽菜と干し海老の旨みが染み込み、クタッとしたものが上出来です。そもそも中国のインゲンは太く固いため、生で食べるとお腹を壊すと言われている野菜。しっかり火を通すのが中国流です。

料理:菰田欣也(スーツァンレストラン陳
撮影:2012年6月 古樹軒の料理教室にて
中国語料理名:干煸辣茄子(gān biān là qié zǐ / ガン ビィェン ラー チィェ ズー)

なすとインゲンの四川漬物炒め


Text 長谷川亜紀
photo 西田伸夫

※情報は掲載時のものです。内容は後日変更される可能性がありますので御了承ください。

10/13 食欲の秋、北京ダックを食べ尽くす会

誰もが一度は夢に見たことがある、北京ダックを食べつくしてみたい!をテーマに80C×全聚徳でイベントを開催します!

イベント第二弾は「全聚徳」。全聚徳=北京ダックと言っても過言ではない中国を代表する老舗。

北京ダックの皮、肉もすべて使用し、食べつくします。そして、家鴨の骨を使ったスープでダシを取り、〆の麺に…まさに家鴨尽くし。

会費はなんと5000円!気軽に北京ダックを食べてほしい、中華料理をもっと好きになってほしい、そんな思いのもとイベントを企画しています。詳しくはリンクをご覧ください。

全聚徳
日本橋古樹軒
  • 酒徒
  • 横浜オールド中華探訪

楽しくてためになる!無料メルマガをお届けします!

中華イベントをはじめ、中華の「おいしい」が体験できる情報をメールにてお届けします(無料)。

 
お名前
メールアドレス

個人情報の取り扱いはこちらをご確認ください。

SNSでも中華料理情報を発信しています!

料理人も見ています!80C [ハオチー] Facebook

世の中で話題の中華情報がわかる!80C [ハオチー] twitter

料理画像で中華を知ろう!80C [ハオチー] Instagram

Instagram
前の記事赤坂四川飯店(千代田区・永田町)
次の記事業界人の耳より情報 清香園(横浜中華街)

コメントする

Please enter your comment!
Please enter your name here