今回のうまそう画像は、牛肉、かぼちゃ、蓮根の沙茶醤炒め。硬くなりがちなお肉を軟らか~くしてくれる、あの「魔法の粉」をもみこみます。

お肉を柔らかくする魔法の粉とは?

沙茶醤
沙茶醤(サーチャージャン)

沙茶醤(サーチャージャン)とは、干し海老や大地魚(カレイ)の干物、香味野菜を油で炒めて作る調味料のこと。英語の名称では「バーベキューソース」と言われるように、独特の辛さと香ばしさがあり、炒めものに相性抜群です。

こちらは、そんな沙茶醤で肉や野菜を香り高く炒めた料理。しかし、具にせっかくの牛肉を用意しても、火を通して硬くなってしまうと興ざめですよね。そこで、硬くなりがちなお肉を軟らかくしてくれる魔法の粉の登場です。ここ数年で「お掃除に使える!」と広まったあのアイテム…。そう、重層です。

重曹は、もともと飲食業界においては、どら焼きなどの生地を膨らませる「ふくらし粉」として使われてきたほか、山菜のアクを抜いたり、食材を軟らかくするために使われてきた歴史があるもの。なぜなら、重曹には食材の繊維を分解する力があるからです。

肝心のお肉を柔らかくする方法ですが、塩や酒などの下味に重曹をひとつまみ入れ、一緒に肉に揉み込んで約2時間おくだけ。その後、卵や片栗粉などでお肉をコーティングしてから炒めると完璧です。赤身の牛肉を使う、青椒肉絲(チンジャオロースー)などにも使えますよ。火を通しても柔らかく、舌触りよく仕上がるのでお試しあれ。

料理:山崎 正(ホテルオークラ桃花林 日本橋室町賓館
撮影:2012年7月 古樹軒の料理教室にて
中国語料理名:沙茶牛肉片(shā chá niú ròu piàn / シャ チャ ニィゥ ロウ ピィェン)

牛肉とかぼちゃと蓮根の沙茶醤炒め


Text 長谷川亜紀
photo 西田伸夫


※情報は掲載時のものです。内容は後日変更される可能性がありますので御了承ください。

10/13 食欲の秋、北京ダックを食べ尽くす会

誰もが一度は夢に見たことがある、北京ダックを食べつくしてみたい!をテーマに80C×全聚徳でイベントを開催します!

イベント第二弾は「全聚徳」。全聚徳=北京ダックと言っても過言ではない中国を代表する老舗。

北京ダックの皮、肉もすべて使用し、食べつくします。そして、家鴨の骨を使ったスープでダシを取り、〆の麺に…まさに家鴨尽くし。

会費はなんと5000円!気軽に北京ダックを食べてほしい、中華料理をもっと好きになってほしい、そんな思いのもとイベントを企画しています。詳しくはリンクをご覧ください。

全聚徳
日本橋古樹軒
  • 酒徒
  • 横浜オールド中華探訪

楽しくてためになる!無料メルマガをお届けします!

中華イベントをはじめ、中華の「おいしい」が体験できる情報をメールにてお届けします(無料)。

 
お名前
メールアドレス

個人情報の取り扱いはこちらをご確認ください。

SNSでも中華料理情報を発信しています!

料理人も見ています!80C [ハオチー] Facebook

世の中で話題の中華情報がわかる!80C [ハオチー] twitter

料理画像で中華を知ろう!80C [ハオチー] Instagram

Instagram
前の記事麻辣(マーラー)|山椒の痺れる辛さ(麻)と唐辛子のヒリヒリする辛さ(辣)が融合した調味
次の記事家で中華 ごま付き揚げ団子

コメントする

Please enter your comment!
Please enter your name here