今年はちょっと趣向を変えて、金運向上を願った中華風お雑煮はいかがでしょう?

具入りの真ん丸団子で金運祈願!

お正月に欠かせない料理といえばお雑煮。日本では、地域や家庭によってさまざまな味わいが楽しめますが、今年はちょっと趣向を変えて、金運向上を願った中華風お雑煮を楽しんでみませんか?

中国人が重視する縁起担ぎのモチーフは、お雑煮の中に入った、大きくてまん丸なお団子。中国では、丸くて大きいものに「発財(ファーツァイ fà cái)」、つまり「お金持ちになる」パワーがあると信じられているため、こちらのお団子も直径5.5cmはの特大サイズ!

さらに、中国人に好まれる滑らかな舌触りも大きなポイントです。食感の決め手は、白玉粉に浮き粉とラードを加えていること。そこに海老や鶏のささ身などの具を混ぜ込んでいるので、ただ大きいだけでない、滑らかで味わい深いお団子に仕上がっています。

お団子を噛んだ時の「プハッ」と柔らかな食感と滋味深い味わいは、いくつ食べても食べ飽きないおいしさ。シンプルな鶏のスープと、ネギや白菜といった冬野菜の名脇役が、さらにお団子のおいしさを引き立ててくれます。お正月はもちろん、身体の中からしっかり温まりたいとき、ぜひ作ってみてはいかがでしょう。

 

料理:鄭国雄
撮影:2003年2月 古樹軒の料理教室にて
中国語料理名:正月寿湯圓(zhèng yuè shòu tāng yuán /ジェン ユエ ショウ タン ユェン)

雪菜と凍り豆腐の煮込み


Text 佐藤貴子(ことばデザイン)
photo 西田伸夫

※情報は掲載時のものです。内容は後日変更される可能性がありますので御了承ください。

10/13 食欲の秋、北京ダックを食べ尽くす会

誰もが一度は夢に見たことがある、北京ダックを食べつくしてみたい!をテーマに80C×全聚徳でイベントを開催します!

イベント第二弾は「全聚徳」。全聚徳=北京ダックと言っても過言ではない中国を代表する老舗。

北京ダックの皮、肉もすべて使用し、食べつくします。そして、家鴨の骨を使ったスープでダシを取り、〆の麺に…まさに家鴨尽くし。

会費はなんと5000円!気軽に北京ダックを食べてほしい、中華料理をもっと好きになってほしい、そんな思いのもとイベントを企画しています。詳しくはリンクをご覧ください。

全聚徳
日本橋古樹軒
  • 酒徒
  • 横浜オールド中華探訪

楽しくてためになる!無料メルマガをお届けします!

中華イベントをはじめ、中華の「おいしい」が体験できる情報をメールにてお届けします(無料)。

 
お名前
メールアドレス

個人情報の取り扱いはこちらをご確認ください。

SNSでも中華料理情報を発信しています!

料理人も見ています!80C [ハオチー] Facebook

世の中で話題の中華情報がわかる!80C [ハオチー] twitter

料理画像で中華を知ろう!80C [ハオチー] Instagram

Instagram
前の記事中華好き人口を増やす会2 5:厨房カルチャーショック
次の記事中華百科 ウバザメ

コメントする

Please enter your comment!
Please enter your name here