伝統的な料理には、往々にして秘められたエピソードがあるものです。卵黄と卵白のコントラストが美しいこの料理もそのひとつ。現在は上海でよく見る一皿ですが、元々は清朝時代の宮廷料理だったのが赛螃蟹(サイパンシェ)です。

語り継がれているのは、清代末期を生きた女帝・西太后のエピソード。ある日、西太后は「どうしても蟹が食べたい」と所望しますが、北京は海から遠く、新鮮な蟹をたやすく手に入れることができません。そこで宮廷料理人たちが知恵を絞り、白身魚と卵の白身を使って生み出したのが、「蟹(螃蟹)に匹敵(赛)する」と名付けられたこの料理。

では、西太后をも納得させ、お気に入りになったというその味は、どうやって生み出されたのでしょう。ここでは、『神田 雲林』成毛幸雄オーナーシェフの作り方のポイントをご紹介します。

赛螃蟹(サイパンシェ)

まず、用意するのは白身魚と卵。下味をつけた白身魚(写真の料理はイシモチを使用)を片栗粉でまぶし、さっと油通しします。身をしっとりとさせ、蟹肉の食感に近づけてくれるのが短時間の油通しの効能。粗熱が取れたら、卵白と生クリームを合わせた主材料に混ぜ合わせます。

そして、中華鍋の油慣らしはいつもより丁寧に。使用済の油であれば少なくとも3回、新しい油であれば5回程繰り返し、しっかりと鍋に油をなじませましょう。油をよく馴染ませることによって卵白が焦げ付きにくくなり、蟹らしい見た目と食感に仕上げることができます。

続いて130℃の低温に油を加熱し、白身魚・卵白・生クリームを合わせた材料を投入。蟹肉のように細長い状態に仕上げるべく、休まず箸でかき混ぜます。油が熱すぎるとザラザラとした食感となり、蟹らしさが半減してしまうので要注意。

最後に生姜を効かせて炒めたら、何はなくとも黒酢でめしあがれ。黒酢で頂くことで、より蟹らしい風味を満喫できること請け合いです。

 

料理:成毛幸雄(神田 雲林
撮影:2014年6月 古樹軒の料理教室にて
中国語料理名:赛螃蟹 (sài páng xiè / サイ パン シェ)


text 近江文代(日本橋 古樹軒)
photo 西田伸夫

※情報は掲載時のものです。内容は後日変更される可能性がありますので御了承ください。

10/13 食欲の秋、北京ダックを食べ尽くす会

誰もが一度は夢に見たことがある、北京ダックを食べつくしてみたい!をテーマに80C×全聚徳でイベントを開催します!

イベント第二弾は「全聚徳」。全聚徳=北京ダックと言っても過言ではない中国を代表する老舗。

北京ダックの皮、肉もすべて使用し、食べつくします。そして、家鴨の骨を使ったスープでダシを取り、〆の麺に…まさに家鴨尽くし。

会費はなんと5000円!気軽に北京ダックを食べてほしい、中華料理をもっと好きになってほしい、そんな思いのもとイベントを企画しています。詳しくはリンクをご覧ください。

全聚徳
日本橋古樹軒
  • 酒徒
  • 横浜オールド中華探訪

楽しくてためになる!無料メルマガをお届けします!

中華イベントをはじめ、中華の「おいしい」が体験できる情報をメールにてお届けします(無料)。

 
お名前
メールアドレス

個人情報の取り扱いはこちらをご確認ください。

SNSでも中華料理情報を発信しています!

料理人も見ています!80C [ハオチー] Facebook

世の中で話題の中華情報がわかる!80C [ハオチー] twitter

料理画像で中華を知ろう!80C [ハオチー] Instagram

Instagram
前の記事C’sキッチン一覧
次の記事中華歳時記 中華歳時記―9月にやるべき中華的取り組み

コメントする

Please enter your comment!
Please enter your name here