乞食鶏(別名を叫化鶏、富貴鶏)といえば、泥で固められ、蓮の葉で包まれた鶏の姿。その仰々しい外見に、家で作ることを早々に諦めてしまっている方も多いのではないでしょうか。
しかし、「御田町 桃の木」の小林武志先生の乞食鶏は違います。身近に手に入る材料で、意外にも簡単に家で作れる方法があるのです。

泥の代わりに使うのはなんとセロハン紙。蓮の葉で包まなくても、その香りが感じられればいいのです。もし、手に入らない場合はなくても大丈夫。小林先生曰く、実は乞食鶏に蓮の葉が使われるようになったのは、ここ数年のことなのだとか。

また、鶏の中の詰めものに、干し筍などは使いません。具は食べやすい大きさに切った豚バラ肉、干し椎茸、エリンギ、長葱。これらを醤油やオイスターソースで炒めた、いたってシンプルな材料で、驚くほどおいしい乞食鶏が作れます。

乞食鶏

乞食鶏の作り方

まず、家庭でも作りやすい大きさの丸鶏(約1kg)を手に入れたら、醤油(600cc)、中国たまり醤油(100cc)、砂糖(150g)、胡椒(少々)、生姜スライス(1片)を合わせた漬け汁に30分程漬けこみます。

次に、セロハン紙に漬けこんだ鶏をのせ、お腹に具を詰め込んだら、たこ糸を使って、セロハン紙がずれないよう、肉をきっちり結びます。
包む時のポイントは、セロハン紙が破れないよう、手羽先などの鋭利な部分はハサミで切り落とすこと。また、包んだ時にセロハン紙の両端を上向きにすると、旨味たっぷりのスープが漏れることがありません。

これを蒸し器で2時間程蒸したら、あらかじめ蒸しておいた蓮の葉を皿の上に敷き、セロハン紙ごと鶏肉をのせます。取り分けやすいよう、セロハン紙の上の部分を切り開いたらできあがり。鶏の旨みを存分に吸った具とスープを残すことなくいただきましょう。

ともかくも手軽に作れるので、早速週末に挑戦してみてはいかが。パーティーや誕生日の一品としても喜ばれること間違いなしです。

料理:小林武志( 御田町 桃の木
撮影:2016年2月23日の 古樹軒の料理教室にて
中国語料理名:叫化鸡(jiào huà jī / ジャオ ホァ ジー)


text 近江文代
photo 西田伸夫

※情報は掲載時のものです。内容は後日変更される可能性がありますので御了承ください。

10/13 食欲の秋、北京ダックを食べ尽くす会

誰もが一度は夢に見たことがある、北京ダックを食べつくしてみたい!をテーマに80C×全聚徳でイベントを開催します!

イベント第二弾は「全聚徳」。全聚徳=北京ダックと言っても過言ではない中国を代表する老舗。

北京ダックの皮、肉もすべて使用し、食べつくします。そして、家鴨の骨を使ったスープでダシを取り、〆の麺に…まさに家鴨尽くし。

会費はなんと5000円!気軽に北京ダックを食べてほしい、中華料理をもっと好きになってほしい、そんな思いのもとイベントを企画しています。詳しくはリンクをご覧ください。

全聚徳
日本橋古樹軒
  • 酒徒
  • 横浜オールド中華探訪

楽しくてためになる!無料メルマガをお届けします!

中華イベントをはじめ、中華の「おいしい」が体験できる情報をメールにてお届けします(無料)。

 
お名前
メールアドレス

個人情報の取り扱いはこちらをご確認ください。

SNSでも中華料理情報を発信しています!

料理人も見ています!80C [ハオチー] Facebook

世の中で話題の中華情報がわかる!80C [ハオチー] twitter

料理画像で中華を知ろう!80C [ハオチー] Instagram

Instagram
前の記事注目されること間違いなし! 「食べられる風船」はこうして作る
次の記事JASMINE憶江南(目黒区・東山)

コメントする

Please enter your comment!
Please enter your name here