五感を刺激する中華的テクニック

見た目にも美しいこちらの料理は、中国料理の「おいしさづくり」のテクニックがギュッと詰まった一品。たっぷりと旨みを湛えたホタテ貝と、貝の出汁を吸わせるための春雨、揚げにんにく、甘旨風味の醤油ダレを、帆立の殻に盛り付けて蒸し、最後にネギを乗せ、油をジュッとかけていただくという、なんとも五感を刺激する料理です。

その華やかさから、一見難しそうに見えますが、ちょっとしたコツを押さえておけば大丈夫。
中でも、幅広く使える技として覚えておきたいのが春雨の戻し方。皆さんは春雨を戻すとき、沸騰したお湯でグツグツと煮ていませんか?そうやって戻した春雨は、水っぽくなり、歯ごたえも無くなってしまいがちです。
では、プロはどうやっているのかというと、熱湯をボールに入れ、春雨を入れてラップをし、3分程蒸らすという方法。その後ザルにあけ、流水で冷ましたらできあがりです。こうすると、春雨が適度に水分を含み、ちょうどいい歯ごたえに。春雨だけでなく、切れやすいビーフンにも使えるので便利ですよ。

また、ホタテのぬめりを水だけで取ろうとすると、そのおいしさが水に溶け出てしまうため、クッキングペーパーなどでふき取りましょう。火を通し過ぎてしまうと旨味が減少してしまうので、蒸篭で2~3分を目処に加熱します。

そして、ヤマ場となるプレゼンテーションが、蒸し上がった食材の上にネギを散らし、煙がでるほど熱したピーナッツ油をジュッとかける調理法。この時、「ジュッ」と音がすると、青葱にしっかり火が通って香りが立つので、油は煮えたぎるほど高温にします。ちょっとしたコツを積み重ねて、おいしいクライマックスを迎えましょう。

 

料理:成毛幸雄(神田 雲林
撮影:2011年7月 古樹軒の料理教室にて
中国語料理名:蒜蓉粉絲蒸鮮貝(suàn róng fěn sī zhēng xiān bèi / スゥァン ロン フェン スー ヂォン シィェン ベイ)

殻付きホタテ貝と春雨のニンニク風味蒸し


Text 長谷川亜紀
photo 西田伸夫


※情報は掲載時のものです。内容は後日変更される可能性がありますので御了承ください。

10/13 食欲の秋、北京ダックを食べ尽くす会

誰もが一度は夢に見たことがある、北京ダックを食べつくしてみたい!をテーマに80C×全聚徳でイベントを開催します!

イベント第二弾は「全聚徳」。全聚徳=北京ダックと言っても過言ではない中国を代表する老舗。

北京ダックの皮、肉もすべて使用し、食べつくします。そして、家鴨の骨を使ったスープでダシを取り、〆の麺に…まさに家鴨尽くし。

会費はなんと5000円!気軽に北京ダックを食べてほしい、中華料理をもっと好きになってほしい、そんな思いのもとイベントを企画しています。詳しくはリンクをご覧ください。

全聚徳
日本橋古樹軒
  • 酒徒
  • 横浜オールド中華探訪

楽しくてためになる!無料メルマガをお届けします!

中華イベントをはじめ、中華の「おいしい」が体験できる情報をメールにてお届けします(無料)。

 
お名前
メールアドレス

個人情報の取り扱いはこちらをご確認ください。

SNSでも中華料理情報を発信しています!

料理人も見ています!80C [ハオチー] Facebook

世の中で話題の中華情報がわかる!80C [ハオチー] twitter

料理画像で中華を知ろう!80C [ハオチー] Instagram

Instagram
前の記事中国料理 花閒(かかん) (浦安ブライトンホテル)
次の記事家で中華 ゴマ入り白玉団子

コメントする

Please enter your comment!
Please enter your name here