酸っぱくて辛く、食べると身体が温まって、汗がにじんでくるような感覚がたまらない酸辣湯(サンラータン/スーラータン)。
通常は「酸」は酢、「辣」はラー油で表現するのが王道ですが、今回ご紹介するのは、別の素材で酸っぱ辛さを表現した、ちょっと変わった酸辣湯です。

 

それは何かというと、泡辣椒(パオラージャオ)。これは赤唐辛子を塩、花椒、高粱酒(こうりゃんちゅう)などの香りのよい白酒、香味野菜などといっしょに漬け込んだ漬物で、特に四川料理においてはよく使う食材です。
漬物の中の唐辛子がクタッとして、酸味が出てきたら「使いごろ」になったサイン。刻んで料理に加えると、コクと旨みが加わります。
泡辣椒

泡辣椒(パオラージャオ)

乳酸菌によって作られる独特の酸味が持ち味の泡辣椒。今までとはひと味違った「酸辣」を表現したいときにぜひ試してみたい、プロ向けの調理法です。

 

料理:菰田欣也(スーツァンレストラン陳
撮影:2012年9月 古樹軒の料理教室にて
中国語料理名:酸辣魚翅湯(suān là yú chì tāng / スゥァン ラー ユィ チー タン)

酸辣魚翅湯


text 遠藤亜紀
photo 西田伸夫

※情報は掲載時のものです。内容は後日変更される可能性がありますので御了承ください。

よだれ鶏のタレ 日本橋古樹軒
  • 酒徒
  • 横浜オールド中華探訪

楽しくてためになる!無料メルマガをお届けします!

中華イベントをはじめ、中華の「おいしい」が体験できる情報をメールにてお届けします(無料)。

 
お名前
メールアドレス

個人情報の取り扱いはこちらをご確認ください。

SNSでも中華料理情報を発信しています!

料理人も見ています!80C [ハオチー] Facebook

世の中で話題の中華情報がわかる!80C [ハオチー] twitter

料理画像で中華を知ろう!80C [ハオチー] Instagram

Instagram
前の記事餛飩(フントゥン)|地域によって様々な呼び名のワンタン
次の記事中華句会2 1:春近し蜂蜜色の中華火腿

コメントする

Please enter your comment!
Please enter your name here