中華料理の甜品(デザート)と言われて真っ先に思い浮かぶのが、杏仁豆腐、マンゴープリン。今や街の中華料理屋さんにもおいてあるおなじみのデザートで、家で作られている方も多いのではないでしょうか?
しかし、確かにおいしいけれど、たまにはいつもと違うデザートも食べてみたいのも本音。そこで、目先を変えてこんなデザートはいかがでしょう。

亀ゼリーの揚げデザート

薄い衣に包まれた黒いものはなんと亀苓膏(きれいこう)。日本では亀ゼリーと呼ばれ、香港や中国広東省、広西チワン族自治区などで広く食べられています。主な材料は、干した亀の腹甲の粉末、土茯苓(どぶくりょう)、甘草など数種類の生薬。デトックス効果が高く、美容と健康によいと言われており、特有の苦みと薬臭さが特徴。甘いシロップをかけていただくことが多いようですが、こちらはそんな定番の食べ方をアレンジしています。

腹甲亀の腹甲(腹の部分の甲羅)、土茯苓が主要原料 亀ゼリー香港「恭和堂(ゴンウォートン)」の亀ゼリー

このデザートで大切なのはなんと言っても衣作り。小麦粉とバターを加えた香り高い生地をしっかりと練り上げて、卵と重曹を加えたらシュー生地の固さに仕上げます。また、亀ゼリーは水気が出ないよう、食べやすい大きさに切り、タオルに包んでしっかり水分を飛ばし、羊羹のような固さになるように。餡べらを使って亀ゼリーに衣をくるりと塗したら、100℃くらいの低温の油でじっくり、ふんわり揚げてできあがりです。

お気に入りのお皿に盛りつけたら、蜂蜜とナッツをたっぷりかけて召し上がれ。甘い衣と亀ゼリーのほろ苦さは絶妙の取り合わせ。見た目のインパクトと奥深い味わいに、きっとデザートタイムが盛り上がりますよ。

料理:小林武志(御田町 桃の木
撮影:2014年1月 古樹軒の料理教室にて
中国語料理名:放光亀苓膏(fàng guāng guī líng gāo / ファン グァン グイ リン ガォ)


text 近江文代
photo 西田伸夫(放光亀苓膏)、笠原宗彦(腹甲、恭和堂亀苓膏)

※情報は掲載時のものです。内容は後日変更される可能性がありますので御了承ください。

10/13 食欲の秋、北京ダックを食べ尽くす会

誰もが一度は夢に見たことがある、北京ダックを食べつくしてみたい!をテーマに80C×全聚徳でイベントを開催します!

イベント第二弾は「全聚徳」。全聚徳=北京ダックと言っても過言ではない中国を代表する老舗。

北京ダックの皮、肉もすべて使用し、食べつくします。そして、家鴨の骨を使ったスープでダシを取り、〆の麺に…まさに家鴨尽くし。

会費はなんと5000円!気軽に北京ダックを食べてほしい、中華料理をもっと好きになってほしい、そんな思いのもとイベントを企画しています。詳しくはリンクをご覧ください。

全聚徳
日本橋古樹軒
  • 酒徒
  • 横浜オールド中華探訪

楽しくてためになる!無料メルマガをお届けします!

中華イベントをはじめ、中華の「おいしい」が体験できる情報をメールにてお届けします(無料)。

 
お名前
メールアドレス

個人情報の取り扱いはこちらをご確認ください。

SNSでも中華料理情報を発信しています!

料理人も見ています!80C [ハオチー] Facebook

世の中で話題の中華情報がわかる!80C [ハオチー] twitter

料理画像で中華を知ろう!80C [ハオチー] Instagram

Instagram
前の記事閉店|クリスタル ジェイド 上海 バール 日本橋店 (中央区・日本橋)
次の記事わかば食堂 歴代料理長&提供メニュー

コメントする

Please enter your comment!
Please enter your name here