中目黒「JASMINE 憶江南」森一人シェフ
中目黒「JASMINE 憶江南」森一人シェフ

第204回「わかば食堂」(2019.2.27)

一日料理長は、「JASMINE 憶江南」森一人さん[26歳・料理人歴5年/三重県津市出身]でした。

三重県出身で、大阪で料理人のキャリアをスタートしたという森さん。

東京に出てきて、今のお店で働くようになってからは、まだ数か月とのこと。

将来の目標は三重に戻って「父親の店を継ぐ」とのことで、あと10年は修行して腕を磨いてからと言っていました。

修行中で、昼に夜に多忙な日々を送っている中での「わかば食堂」だったため、終わっての感想は「疲れました」と言っていましたが、その後も夜の営業を控えているので、お店へと戻っていきました。

仕事に追われる中でも、今回のために自分で考えたという前菜は、お客様からも「おいしかった」の声が多く聞かれたので、その言葉に疲れも少しは取れて、今後の励みにもなったのではないでしょうか。

 

中目黒「JASMINE 憶江南」森一人シェフ
中目黒「JASMINE 憶江南」森一人シェフ

 

当日のメニュー

本日の料理
本日の料理
  • 主菜
    A:黒炒飯
    A:黒炒飯

    B:細切り豚肉の辛味炒め
    B:細切り豚肉の辛味炒め
  • 前菜

    桜鯛のネギダレ和え/押し豆腐とセリの麻辣和え/中国式クレープ
    桜鯛のネギダレ和え/押し豆腐とセリの麻辣和え/中国式クレープ
  • スープ

    鶏肉と筍のスープ
    鶏肉と筍のスープ
  • デザート
    あまおうのココナッツミルク
    あまおうのココナッツミルク

     

>わかば食堂とは
>facebookページ
>一日料理長で腕試したい35歳以下の中国料理人募集中

text & photo 小杉勉


 

コメントする

Please enter your comment!
Please enter your name here