神楽坂「中国四川料理 芝蘭」西村聖成シェフ
神楽坂「中国四川料理 芝蘭」西村聖成シェフ

第212回「わかば食堂」(2019.5.15)

一日料理長は、神楽坂「中国四川料理 芝蘭(チーラン)」西村聖成(せな)さん[20歳・料理人歴2年/熊本県荒尾市出身]でした。

G.W.期間の休みを挟んで、3週間ぶりの開催となった「わかば食堂」は、天候にも恵まれ、またまた3回連続で限定数量を越えて予備分も売切れる、大盛況となりました。

しかも、売切れるまでの時間も最短と、記録更新することに。

そして、閉店予定時刻の14:00前に全てのお客様が食べ終えてお帰りになるという、提供もとてもスムーズな流れでした。

西村さんは、「わかば食堂」一日料理長としては最年少タイ記録の20歳でしたが、調理師免許の取れる高校を卒業して、18歳で就職したということで、調理人としてのキャリアは2年あり、この日のメニューも普段お店のランチでも鍋を振っているということで、緊張したとは言っていましたが、そつなくこなしていました。

ジャニーズ系なルックスと爽やかな笑顔で、お客様からの好感度も高く、「お抱えシェフとして雇いたい」と言っていたお客様もいたとか。

今のお店に就職したのは、高校時代の先生に東京に出たいと相談したところ、先生の息子さんが芝蘭の料理長をしているということで、紹介されたそう。

なので、当初は中国料理志望ではあっても、特に四川料理をというのは無く、辛いものも苦手だったとのことですが、休みのシフトが料理長と同じため、よく他の四川料理店に食べに連れて行ってもらったりと、今では辛いものにも慣れ、四川料理一筋とのこと。

まだ先は長いものの、ゆくゆくは地元熊本で本格的な中国料理のお店を出したいと語っていました。

 

神楽坂「中国四川料理 芝蘭」西村聖成シェフ
神楽坂「中国四川料理 芝蘭」西村聖成シェフ

 

当日のメニュー

本日の料理
本日の料理
  • 主菜
    汁なし担々麺
    汁なし担々麺

    黒酢スブタ
    黒酢スブタ
  • 前菜

    蒸し鶏の葱油ソースかけ/クラゲ頭の甘酢和え/野菜のゼリー寄せ
    蒸し鶏の葱油ソースかけ/クラゲ頭の甘酢和え/野菜のゼリー寄せ
  • スープ

    いろいろキノコのスープ
    いろいろキノコのスープ
  • デザート

    ジャスミン茶プリン
    ジャスミン茶プリン

 

>わかば食堂とは
>facebookページ

text & photo 小杉勉


 

コメントする

Please enter your comment!
Please enter your name here