大豆の旨みをソースに託す

淡泊な味わいを活かして豆腐にしたり、発酵させて醤油や味噌などの調味料になる大豆は、スープにしたり、ソースの素にするなど、料理旨みを加える“だしの素”としても万能に使える食品です。

この料理は、そんな大豆をソースに活かした一品。蒸した大豆に調味料を混ぜ、砕いて乾かして作る豆酥(トースゥ)をベースに、ニンニクや豆板醤を合わせたソースを作り、熱々にして、魚と豆腐の重ね蒸しにジャッとかけます。淡泊な鮮魚と豆腐に、たちまち香ばしさと旨みが加わり、つまみにもおかずにもいける味になる瞬間ですね。

豆酥のソースは、魚介や豆腐はもちろんのこと、蒸し鶏や野菜など、幅広い素材によく合うもの。植物由来の食材だけで作られていますから、ベジタリアンの方にもおすすめです。ご家庭でもぜひお楽しみを。

料理:成毛幸雄(神田 雲林
撮影:2011年9月 古樹軒の料理教室にて
中国語料理名:豆酥蒸鮮魚(dòu sū zhēng xiān yú ドウ スー ヂォン シェン ユイ )


Text 長谷川亜紀
photo 西田伸夫

※情報は掲載時のものです。内容は後日変更される可能性がありますので御了承ください。

10/13 食欲の秋、北京ダックを食べ尽くす会

誰もが一度は夢に見たことがある、北京ダックを食べつくしてみたい!をテーマに80C×全聚徳でイベントを開催します!

イベント第二弾は「全聚徳」。全聚徳=北京ダックと言っても過言ではない中国を代表する老舗。

北京ダックの皮、肉もすべて使用し、食べつくします。そして、家鴨の骨を使ったスープでダシを取り、〆の麺に…まさに家鴨尽くし。

会費はなんと5000円!気軽に北京ダックを食べてほしい、中華料理をもっと好きになってほしい、そんな思いのもとイベントを企画しています。詳しくはリンクをご覧ください。

全聚徳
日本橋古樹軒
  • 酒徒
  • 横浜オールド中華探訪

楽しくてためになる!無料メルマガをお届けします!

中華イベントをはじめ、中華の「おいしい」が体験できる情報をメールにてお届けします(無料)。

 
お名前
メールアドレス

個人情報の取り扱いはこちらをご確認ください。

SNSでも中華料理情報を発信しています!

料理人も見ています!80C [ハオチー] Facebook

世の中で話題の中華情報がわかる!80C [ハオチー] twitter

料理画像で中華を知ろう!80C [ハオチー] Instagram

Instagram
前の記事中国料理 翠(すい)(アルカディア市ヶ谷)
次の記事中華好き人口を 増やす会 番外編1: 中華ツウはこう選ぶ!メニューの決め方

コメントする

Please enter your comment!
Please enter your name here