ナスを菊の花に見立てたごちそう中華

四川省の代表的な調理法「魚香(ユイシャン)」とナスの組み合わせは「魚香茄子(ユイシャンチィェズ)」、日本語で「麻婆茄子」という定番中の定番料理がありますが、そのナスを菊の花に見立て、魚香のソースをかけたのがこちらの料理。
比較的身近な材料で作れる一品ですが、ひと手間かけることで、食感の豊かさとともに華やかさが感じられる、特別感のある料理に仕上がっています。

では、どうやってナスで菊を作るのかというと、切り込みを入れてから揚げて形作ります。そう、魚を丸ごと揚げてつくる、甘酢餡かけと同じ要領ですね。
また、魚香ソースは豆板醤の旨みや辛みの中に、薬味の風味が生々しく香り立っているのが持ち味。気持ち多めの油の中に豆板醤、にんにく、生姜を入れ香りが出るまで炒め、しっかりと薬味の香りを引き出すのがポイントです。

材料を魚香の調味で煮込むのもいいですが、このように揚げ物にかけていただくのも本当に美味。ごはんのおかずにはもちろん、花巻を添えてもおいしく召し上がれます。

 

料理:成毛幸雄(神田 雲林
撮影:2012年10月 古樹軒の料理教室にて
中国語料理名:魚香菊花茄子(yú xiāng jú huā qié zǐ / ユィ シャン ジュ ファ チェ ズー)

菊花仕立て 賀茂茄子の魚香ソースがけ


Text 遠藤亜紀
photo 西田伸夫


※情報は掲載時のものです。内容は後日変更される可能性がありますので御了承ください。

10/13 食欲の秋、北京ダックを食べ尽くす会

誰もが一度は夢に見たことがある、北京ダックを食べつくしてみたい!をテーマに80C×全聚徳でイベントを開催します!

イベント第二弾は「全聚徳」。全聚徳=北京ダックと言っても過言ではない中国を代表する老舗。

北京ダックの皮、肉もすべて使用し、食べつくします。そして、家鴨の骨を使ったスープでダシを取り、〆の麺に…まさに家鴨尽くし。

会費はなんと5000円!気軽に北京ダックを食べてほしい、中華料理をもっと好きになってほしい、そんな思いのもとイベントを企画しています。詳しくはリンクをご覧ください。

全聚徳
日本橋古樹軒
  • 酒徒
  • 横浜オールド中華探訪

楽しくてためになる!無料メルマガをお届けします!

中華イベントをはじめ、中華の「おいしい」が体験できる情報をメールにてお届けします(無料)。

 
お名前
メールアドレス

個人情報の取り扱いはこちらをご確認ください。

SNSでも中華料理情報を発信しています!

料理人も見ています!80C [ハオチー] Facebook

世の中で話題の中華情報がわかる!80C [ハオチー] twitter

料理画像で中華を知ろう!80C [ハオチー] Instagram

Instagram
前の記事家で中華 鶏もも肉とピータンのピリ辛炒め
次の記事【今年のおすすめ中華おせち】礼華 特選おせち料理 三段重

コメントする

Please enter your comment!
Please enter your name here