個人的な話で恐縮ですが、文京区千石に4年と少々住んでおりました。

千石は、とげぬき地蔵や「おばあちゃんの原宿」の愛称で知られる巣鴨と、東洋大学のある白山の間。縁のない方はまったく縁のない場所かと思いますが、実はここ、引っ越しても通いたくなる店がたくさんあるエリアなんですよ。

アジア料理であれば、日本初のモンゴル料理店「シリンゴル」。ケーキを買うなら、ホテル西洋出身のパティシエが、実家の金物屋を改装して開いたフランス菓子店「トレカルム」。

最近グルメの間で話題のイタリアン「DA PEPI(ダペピ)」や、「コーノ式」で知られるドリッパーをはじめ、コーヒーサイフォンのパイオニアとして知られる珈琲サイフォン株式会社もこの界隈にあります。

手書きメニューに描かれた料理イラストと四箇条がいい!

そんな知る人ぞ知る、こだわりの店が集まる千石に、2018年8月下旬にオープンしたのが四川家庭料理の店「中洞(なかほら)」です。

オーナーシェフの中洞新司さんは、神楽坂「芝蘭」の料理長として腕を振るい、語学留学の傍ら、四川省成都の料理店で修業も重ねた四川料理のプロ。

メニューの1ページ目にあるのは「当店の四箇条」。日本と四川、両方での経験を経て、導き出されたモットー、これが実にすばらしい。

「中洞」グランドメニューの見開き1ページ目。

咸鮮醇香(しっかりした下味がコクと香りを生む)
微辣不燥(程良い辛さで汗をかき、余分な湿気や毒素を排出する)
香気四溢(良い香りが辺りに漂う)
百吃不厭(何度(百回)食べても飽きない)

※上記、簡体字を日本の漢字にしています。「微辣不燥」は「辛さは控えめで汗をかきすぎず、身体の水分を奪わない」という意味合いにも読めますね。

お伺いしたのは日曜のランチ。メニューは6種類で、ホール担当の奥様のおすすめ通り「① 中洞特製麻婆豆腐」と「② 唐辛子・肉そぼろ和え麺」をオーダーしました。

後味が心地よい、中洞特製麻婆豆腐

中洞特製麻婆豆腐。麻婆豆腐のお手本のような一皿。

運ばれてくるなり、花椒の爽やかな香りが漂う麻婆豆腐は、まさに「香気四溢」。ひと匙すくって口に運べば、角の丸くなった豆腐はぷりんとしてハリがあり、するんと心地よい口当たりです。

また、ほどよく塊になった挽き肉は「咸鮮醇香」。煮込まれた豆腐にしっかりと寄り添い、じわりと旨みを加える役割を担っています。

見た目は赤いものの、辛さは「微辣不燥」でしつこくなく、後味がいい。この1皿、まさに先ほどの「4箇条」にぴたっと当てはまるものでした。

ランチの中洞特製麻婆豆腐(1,000円 この日はごはん、スープ、ザーサイ、豆乳プリンがついていました)

甜醤油が決め手!唐辛子・肉そぼろ和え麺

さらにもうひとつオーダーした「唐辛子・肉そぼろ和え麺」。これが私のツボでした!

唐辛子・肉そぼろ和え麺(1,000円 この日はごはん、スープ、ザーサイ、豆乳プリンがついていました)

極細の麺の上に載っているのは、ひき肉とササゲを刻んだ肉味噌とゆでキャベツ。麺の太さは素麺と冷麦の間くらいでしょうか。細いのにむっちりとして、次へ次へと麺を手繰り寄せたくなる食感です。

聞けば、このために特注している粉と水だけで練った麺とのこと。くせのないストレート麺は、四川の麺を彷彿とさせますね。

麺は手早く、しっかり混ぜて。最後に残ってしまった肉味噌は、ごはんに載せてたべましょう。

味の決め手は甜醤油。角の取れたスパイスの風味と、熟れた甘さ、そこに辣油の香りと辛さが加わり、ぐんぐん箸が進みます。

「ぜひ2~4人で行ってシェアしましょう」…と言いたいところですが、本能的には人と分け合いたくないおいしさです。

「中洞」ランチメニュー。グランドメニューもランチメニューも、イラスト付きの手書きです!

お子様連れからお年寄りまで、みんなにやさしい動線設計

またこちらの店、料理以外にも印象に残ることが多々。ここは元々イタリアンだったのですが、改装された店内は、お子様やお年寄り、お一人様にもフレンドリーな設計になっていました。

「中洞」店内。

例えば壁際のベンチシート。ここなら、かさばる荷物を置きやすく、小さなお子様も寝かせやすい。店内を見ると、お子様用のクッションも用意されていました。

また、私たちが座った窓際にある席は、端で出入りしにくいことを考慮して、ダイニング用の回転椅子を設置。入口こそ階段が数段ありますが、いろいろと配慮されています。

日曜の昼過ぎ、ご近所のお一人様も次々訪れる一方で、ベビーカーのお子様連れの方も食事を楽しむ風景がここに。早くも常連さんがついているようですね。

敷居は低く、料理は本格的。近所にこういう店があると、日々の暮らしの幸福度が上がります。今度は夜行こう。

「中洞」外観。巣鴨大鳥商店街にあります。向かいは「個性パン創造 アルル」ですよ。
四川家庭料理 中洞(なかほら)
住所:東京都文京区千石4-43-5 ラピュタ千石大武ビル1F
アクセス:JR・都営三田線巣鴨駅、三田線千石駅より徒歩6分
TEL:03-5981-9494
OPEN:ランチ11:00~14:30(14:00L.O.)ディナー17:00~21:45(21:00L.O.)
月曜定休
備考:火鍋は3日前までに要予約/おまかせ2名様~/料理のお持ち帰り対応可

 


text & photo 佐藤貴子(サトタカ)

コメントする

Please enter your comment!
Please enter your name here