上野駅前のビルの2Fに湖南料理「李厨」、3Fに海南料理「花李(Hanadori)椰子鷄」がオープン
上野駅前のビルの2Fに湖南料理「李厨」、3Fに海南料理「花李(Hanadori)椰子鷄」がオープン

JR上野駅の浅草口側の高架橋を昭和通りに向かってすすむと、目線の高さにバーンと「湖南料理」の看板が飛び込んできます。

その上の階の看板にもよく見ると「中國特色」の文字が。

湖南料理の方は、高田馬場の「李厨」の2号店。そして、「花季(Hanadoki)椰子鶏」の椰子鷄は調べてみると、海南省のココナッツのスープの鍋料理のお店のようです。

湖南料理「李厨」&海南料理「花季(Hanadoki)椰子鶏」
湖南料理「李厨」&海南料理「花季(Hanadoki)椰子鶏」

ランチを食べに出ており、どちらにしようか迷いましたが、あまり聞いたことの無かった海南省の料理「花季」の方に行ってみることにしました。

中国最南端、中国のハワイ海南島らしい南国イメージのイラストが描かれた入口を入ります。

「花季(Hanadoki)」の入口
「花季(Hanadoki)」の入口

しかし残念なことに、ランチのセットメニューは定番の中華料理が中心で、ランチ向けのココナッツ鍋はやっておらず。

こちらで本領発揮した料理をいただくには、ディナーでの利用ですね。

「花季」のランチメニュー
「花季」のランチメニュー

メニューを見せていただくと、「日本初上陆(陸)」と書かれた椰子鶏は、「馬蹄アボガド椰子鶏」「衣笙茸椰子鶏」「三味薬膳椰子鶏」「フカヒレ椰子鶏」「枸杞長芋椰子鶏」「とんこつ椰子鶏」「オリジナル定番椰子鶏」の7種類あり、それぞれが一羽・半羽のサイズを選べるようです。

椰子鶏メニュー
椰子鶏メニュー

その他にも「煲仔飯」が3種、「腸粉」も3種など、広東料理系のメニューも提供しています。

広東料理系のメニューも提供
広東料理系のメニューも提供

つづいて、階段をおりて下の階の「李厨」へと行ってみましたが、なんとこちらもランチセットの提供はやっておらず。

しかし、ただいま開店サービス中で全品12%OFFで、ゴハンもサービスで付けてくれるとのことでしたので、いただいてみることに。

「李厨 上野店」はオープニングサービス中
「李厨 上野店」はオープニングサービス中

メニューはタブレットというのも、今の中国っぽさを感じさせます。

でも、画像表示だけで、注文は口頭で注文でした(笑)。

「李厨」のメニューはタブレット
「李厨」のメニューはタブレット

好物の「豚バラ肉の高菜蒸し(梅菜扣肉)」もありましたが、これはどこの地方料理なのか分からなかったので、名前に湖南の入った「湖南家庭風特製豚バラ肉の蒸し煮(外婆酸菜蒸肉)」を注文してみました。

湖南家庭風特製豚バラ肉の蒸し煮(外婆酸菜蒸肉)880円(税別)→12%OFF 836円(税込)ライスサービス
湖南家庭風特製豚バラ肉の蒸し煮(外婆酸菜蒸肉)880円(税別)→12%OFF 836円(税込)ライスサービス

写真で見たのは白っぽい感じもあり、料理名にも酸菜とあったので、白菜の漬物が入っているのかなと思いましたが、出てきたものは梅菜扣肉と同じような干菜の入った一品。

この干菜のしょっぱさが、海苔のつくだ煮のように、ご飯とよく合うので好きなのですが、湖南家庭風ということで、しょっぱさだけでなく、しっかりと辛さが舌に突き刺さり、これもまたご飯がすすむのでした。

「李厨」逸品&麺飯
「李厨」逸品&麺飯

ランチセットはやっていなかったものの、麺飯メニューなら単品でもランチになりますし、オープン割引中の今がお得です。

 

湖南料理 李厨 上野店
住所:東京都台東区上野7-3-2 GE上野駅前ビル2F(地図
アクセス:JR上野駅 浅草口 徒歩1分
電話:03-6231-7760
営業時間:11:00~15:00/17:00~24:00(L.O.23:00)

 

花季(Hanadoki)椰子鷄 上野店
住所:東京都台東区上野7-3-2 GE上野駅前ビル3F(地図
アクセス:JR上野駅 浅草口 徒歩1分
電話:03-5811-1925
営業時間:11:00~14:30/17:00~24:00

 


text & photo 小杉勉


コメントする

Please enter your comment!
Please enter your name here