「中國菜・老四川 飄香 麻布十番本店」宮本和幸シェフ
「中國菜・老四川 飄香 麻布十番本店」宮本和幸シェフ

第181回「わかば食堂」(2018.7.4)

一日料理長は、「中國菜・老四川 飄香 麻布十番本店」宮本和幸さん[30歳・料理人歴10年/奈良県大和郡山市出身]でした。

2016年8月31日の第108回「わかば食堂」以来、約2年ぶり2度目の一日料理長を務めた宮本さん。2回目ともなると、「楽しんでできました」と言っていたように、終始にこやかに笑顔を絶やさずやられていたのが印象的でした。

務めている飄香が、9月には六本木店をオープンすることもあり、麻布十番店はより伝統的な四川料理を中心にしていくそう。

そんなこともあってなのか、この日の料理も、日本ではまだほとんどなじみのない四川省自貢名物の勾魂麺(ゴウフンミィェン)や、キャベツを使わない四川式の回鍋肉を提供されていました。また、前菜からデザートまで四川を感じさせるようなラー油や花椒が香っていました。

 

「中國菜・老四川 飄香 麻布十番本店」宮本和幸シェフ
「中國菜・老四川 飄香 麻布十番本店」宮本和幸シェフ

 

当日のメニュー

本日の料理
本日の料理
  • 主菜
    A:豚肉でんぶ入り四川和え麺[胡記勾魂麵]
    A:豚肉でんぶ入り四川和え麺[胡記勾魂麵]

    B:本場四川ホイコーロー[郷村回鍋肉]
    B:本場四川ホイコーロー[郷村回鍋肉]
  • 前菜
    青梅の白牡丹コンポート
    青梅の白牡丹コンポート
    穴子の漢方ミカン香料煮
    穴子の漢方ミカン香料煮

    牛モツの麻辣和え
    牛モツの麻辣和え
  • スープ

    冬瓜と揚げ肉のスープ
    冬瓜と揚げ肉のスープ
  • デザート

    青山椒のアイスクリーム
    青山椒のアイスクリーム
>わかば食堂とは
>facebookページ
>一日料理長で腕試したい35歳以下の中国料理人募集中

text & photo 小杉勉


 

※情報は掲載時のものです。内容は後日変更される可能性がありますので御了承ください。

10/13 食欲の秋、北京ダックを食べ尽くす会

誰もが一度は夢に見たことがある、北京ダックを食べつくしてみたい!をテーマに80C×全聚徳でイベントを開催します!

イベント第二弾は「全聚徳」。全聚徳=北京ダックと言っても過言ではない中国を代表する老舗。

北京ダックの皮、肉もすべて使用し、食べつくします。そして、家鴨の骨を使ったスープでダシを取り、〆の麺に…まさに家鴨尽くし。

会費はなんと5000円!気軽に北京ダックを食べてほしい、中華料理をもっと好きになってほしい、そんな思いのもとイベントを企画しています。詳しくはリンクをご覧ください。

全聚徳
日本橋古樹軒
  • 酒徒
  • 横浜オールド中華探訪

楽しくてためになる!無料メルマガをお届けします!

中華イベントをはじめ、中華の「おいしい」が体験できる情報をメールにてお届けします(無料)。

 
お名前
メールアドレス

個人情報の取り扱いはこちらをご確認ください。

SNSでも中華料理情報を発信しています!

料理人も見ています!80C [ハオチー] Facebook

世の中で話題の中華情報がわかる!80C [ハオチー] twitter

料理画像で中華を知ろう!80C [ハオチー] Instagram

Instagram
前の記事秘密の桃源郷発見!池袋「中華ダイニング 香格里拉(シャングリラ)」のマーボー肉団子定食780円
次の記事麻辣なのに女子力も高い「春水堂 飯田橋サクラテラス店」のアボカドトマト麻辣担々涼麺セット1,296円

コメントする

Please enter your comment!
Please enter your name here