「中華ダイニング 香格里拉(シャングリラ)」のマーボー肉団子定食780円
「中華ダイニング 香格里拉(シャングリラ)」のマーボー肉団子定食780円

行くたびに発見のある池袋の中国料理。気が付くと10か月も足を運んでいませんでした。久しぶりに食べに行くことにしたついでに、足が遠のいていた間にオープンしたハラールレストランも先に確認しておこうと寄ってみることに。

清真美食 阿丽娅(アリヤ)
清真美食 阿丽娅(アリヤ)

中国料理の範疇に入れていいのかどうなのか分からなくなってきそうなアラビアンな造りをしていますが、表のランチメニューを見ると、池袋によくある感じのラインナップですね。

清真美食 阿丽娅(アリヤ)のランチメニュー
清真美食 阿丽娅(アリヤ)のランチメニュー

ふと目を上に向けると、同じビルにこれまた気になる店名「香格里拉(シャングリラ)」を見つけてしまいました。

日精ビル
日精ビル

シャングリラといえば、チベットの奥地に人知れず存在しているという理想郷。あるいは、それにちなんで名づけられた雲南省の街。

雲南省・香格里拉市の松赞林寺
雲南省・香格里拉市の松赞林寺

さて、こちらはどんな料理を出しているのかなとチェックしてみると…

中華ダイニング 香格里拉(シャングリラ)の料理
中華ダイニング 香格里拉(シャングリラ)の料理

「マーボー肉団子」の写真と文字が。麻婆豆腐に巨大肉団子「獅子頭(シーズートウ)」を入れちゃいましたか。これは1度で2度おいしそう。しかも、ランチセットでも提供されているではありませんか。

中華ダイニング 香格里拉(シャングリラ)のランチメニュー
中華ダイニング 香格里拉(シャングリラ)のランチメニュー

当初の予定を変更して、このユートピアを目指してエレベーターへと足を踏み入れてしまいました。

「中華ダイニング 香格里拉」入口
「中華ダイニング 香格里拉」入口

目的の4Fについてエレベーターのドアが開くと、「あれ?裏口」と思ってしまうような、そっけない扉があるだけ。でも、控えめな看板の上の矢印が、進路を指し示してくれています。

意を決して扉を開けてみると…

大型液晶テレビにお洒落な映像が流れ、カーテンで仕切って個室になる、コの字に置かれたソファー席が、ぐるりと店内を取り囲んでいました。

夜のお店をそのまま居抜で中国料理店にしてしまったかのような、秘密の楽園がそこに広がっているのでした。

店内
店内
店内
店内

席について、目的の「マーボー肉団子定食」を注文。メイン以外のライス、サラダ、味付け玉子、杏仁豆腐、ウーロン茶はセルフサービス食べ放題です。

マーボー肉団子定食780円
マーボー肉団子定食780円

日本でも本格四川麻婆豆腐が食べられる今となっては、麻婆豆腐は昔ながらの食べなれたものに近い感じですが、悪くはない。しかし、今回の主役はあくまでも獅子頭でしょう。この値段のランチ定食で、獅子頭が食べられるお店を知ってしまったということは、まさに秘密の桃源郷を見つけてしまったかのような心持です。

麻婆豆腐に入った獅子頭
すくったレンゲからも、はみ出すデカさの獅子頭

レンゲで簡単に割れるくらい軟らかな食感。それでいてシャキシャキとしたクワイの歯応えがアクセントに。これぞジャンボ中華肉団子「獅子頭」を堪能し、池袋中華の留まるところをしらない奥深さも、思い知らされるのでした。

獅子頭を割ったところ
獅子頭を割ったところ
中華ダイニング 香格里拉(シャングリラ)
住所:東京都豊島区西池袋1-43-3 日精ビル4F(地図
電話:03-5949-6015
アクセス:池袋駅 北口 徒歩3分
営業時間:11:00~24:00(L.O.23:00)

 


text & photo 小杉勉


 

コメントする

Please enter your comment!
Please enter your name here