原宿「四川料理 龍の子」崎原朝也(さきはらともや)シェフ
原宿「四川料理 龍の子」崎原朝也(さきはらともや)シェフ

第195回「わかば食堂」(2018.10.31)

一日料理長は、「四川料理 龍の子」崎原朝也(さきはらともや)さん[29歳・料理人歴10年/沖縄県中頭郡出身出身]でした。

料理人のキャリアは、地元沖縄で始めたという崎原さん。

当初はホテルの中国料理店に勤めていたけれど、自分の腕を磨くために、ずっと沖縄からでて修行したいと思っていたとのこと。

特に東京へ行きたいと思っていた訳ではないけれど、「龍の子」創業者の安川シェフに紹介してもらえる縁があり、1年前から「龍の子」で働いているとのことでした。

東京に来て、沖縄との違いで驚いたのが、駅の人ごみとのこと。

これは、東京生まれでも、お店のある原宿の駅から竹下通りの人の多さには、慣れませんので、なおさらだったでしょうね。

現在は、厨房内は料理長と2人とのことで、色々と大変そうでしたが、ゆくゆくは沖縄に戻って自分の店を出すための、現在は修行期間と頑張っていました。

お店も本来は木曜日定休のところ、「わかば食堂」参加のために、水曜日を「スタッフの技術向上の勉強会の為」と臨時休業にして、代りに木曜日を営業するという協力体制で、今回臨んでいただきました。

そのため、お店の皆さんも食べに来てくれて、崎原さんの一日料理長としての雄姿にエールを送っていました。

 

原宿「四川料理 龍の子」崎原朝也(さきはらともや)シェフ
原宿「四川料理 龍の子」崎原朝也(さきはらともや)シェフ

 

当日のメニュー

本日の料理
本日の料理
  • 主菜
    A:麻婆豆腐
    A:麻婆豆腐

    B:豚角煮の蒸しパンぞえ
    B:豚角煮の蒸しパンぞえ
  • 前菜
    クラゲとインゲンの和えもの
    クラゲとインゲンの和えもの

    よだれ鶏
    よだれ鶏
  • スープ

    彩り野菜スープ
    彩り野菜スープ
  • デザート

    柿ゼリー
    柿ゼリー

 

>わかば食堂とは
>facebookページ
>一日料理長で腕試したい35歳以下の中国料理人募集中

text & photo 小杉勉


 

コメントする

Please enter your comment!
Please enter your name here