浅草橋「蘭氏食苑」の本格上海ネギソースかけ麺セット600円+豚本ロース200円
浅草橋「蘭氏食苑」の本格上海ネギソースかけ麺セット600円+豚本ロース200円

名古屋では観測史上初の40℃越えを記録するなど、連日暑い日が続きますね。そうなってくると、暑いなか食べに行って、さらに熱々の料理を食べるというのも、気が引けがち。

かと言って、冷し中華と言うのも普通だしなぁと、ランチに何を食べようか思案していて思い当たったのが、80C(ハオチー)で連載の『中国全省食巡り』第1回上海編で紹介されていた「葱油拌面」。

検索してみたら、上海のホテル出身の料理長がいるお店のランチメニューに葱油拌面があったので、食べに行ってみました。

浅草橋「本格上海料理 蘭氏食苑」
浅草橋「本格上海料理 蘭氏食苑」

半炒飯、スープ、ザーサイ、杏仁豆腐がついたセットメニューでも600円と安いので、200円の豚本ロースのトッピングも付けちゃいました。

その他のトッピングも百度百科で見てみると、豚肉と高菜とたけのこ炒め(雪菜肉丝=浙江菜)、押し豆腐(烤麸=江浙菜)と、上海周辺の料理ですね。店名に「本格上海料理」とつけたり、メニュー名にも「本格上海ネギソースかけ麺」とつけるあたりからも、こだわりが感じられます。

上海葱油拌面600円
上海葱油拌面600円
浅草橋「蘭氏食苑」の本格上海ネギソースかけ麺セット600円+豚本ロース200円
浅草橋「蘭氏食苑」の本格上海ネギソースかけ麺セット600円+豚本ロース200円

現地で食べたことがあるものと比べると、麺が日本の中華麺っぽい感じもしますが、中国の麺より日本の麺の方が日本人の口にはあうと思うので、「これでいいのだ」。

上海「小绍兴」の葱油拌面
上海「小绍兴」の葱油拌面

「よくかき混ぜて」と言われ、トッピングは別皿だったので、「混ぜ終わったら乗せればいいですか」と尋ねると、「乗せてもいいし、おつまみ的にそのまま別々に食べてもいい」とのこと。

まずはかき混ぜて、そのままいただいてみました。

拌=混ぜる、和える
拌=混ぜる、和える

葱油の香ばしさにシンプルな醤油味というのが、かえって食欲の減退する暑い時期には、さっぱりしていていいですね。

少し食べ進んだのちに、豚ロースをトッピングしてみました。

トッピング 豚本ロース200円
トッピング 豚本ロース200円

こちらは甘めの煮込みだったので、汁ごと全部かけたら、甘じょっぱくなってしまいました。個人的には、これは別々に食べた方が良かったです。

帰り際にレジ横のリーフレットをもらったところ、「持ってきたら20%OFF」とのことでした。外にも一周年記念サービスの案内が貼ってあったので、その一環かもしれません。まずはランチで訪問して、気に入ったらリーフレットをしっかりもらっておいて、宴会利用してみてはいかがでしょうか。

酒徒さんが葱油拌面とともに挙げていた他の2品(糖醋小排、菜飯)とも近い”かもしれない”「特製揚げ豚肉の甘酢あんかけ(蘭氏排条)」や「高菜チャーハン(咸菜炒飯)」などもありますね。

クリックで拡大

 

本格上海料理 蘭氏食苑
住所:東京都台東区浅草橋2-17-9 センチュリー21 1F(地図
電話:03-5829-6009
アクセス:JR総武線 浅草橋駅 西口徒歩5分 /都営浅草線 浅草橋駅 A4出口徒歩5分
営業時間:
11:00~15:00(L.O. 14:30)
17:00~23:00(L.O. 料理 22:00 ドリンク 22:30)
定休日:日曜日

 


text & photo 小杉勉


 

コメントする

Please enter your comment!
Please enter your name here