「日本沙県食坊 御徒町店」の冬虫夏草の花と鴨肉の蒸しスープ
「日本沙県食坊 御徒町店」の冬虫夏草の花と鴨肉の蒸しスープ

昨年6月、東京・高田馬場に、中国のいたる所にある世界最大の店舗数を誇るチェーン店沙県小吃がオープンしたことは、中国料理好きの間で大きな話題を呼び、今年の春節の横浜中華街店オープンも注目を集めました。

その人気にあやかるかのように、店名もメニュー構成もそっくりな日本沙県食坊が今年3月、横浜・伊勢佐木町にオープンし、5月には東京・御徒町に2号店をオープンと、沙県小吃とは逆に神奈川から東京に進出。

日本沙県食坊 御徒町店
日本沙県食坊 御徒町店

鹵肉飯(ルーローハン)、炖罐(蒸しスープ)、扁肉(ワンタン)、拌麺(まぜそば)など中心となる料理は同じようなラインアップですが、こちらの方が麺や一品料理の品ぞろえが若干豊富なよう。

メニュー
メニュー

特に気になるのが、お持ち帰りも可能な福建省名物の小吃、福建風バーガー(光餅夹)、揚げUFO(海蛎餅)、海苔と豚肉入り福建風バーガー(紫菜餅)。

ちょっと小腹がすいている時などに、これらを買って、すぐ近くのアメ横で食べ歩きなんてことも可能です。

お持ち帰りメニュー
お持ち帰りメニュー

しっかり食事をしたい時には、5種類あるセットメニューから選べば、単品の組み合わせよりも少しお安い価格設定になっています。

スープとのセットは、4種類のスープからお好みのものを選択可能。

套餐(お得なセット)メニュー
套餐(お得なセット)メニュー

今回選んだのは、内容盛りだくさんのCセット。

拌麺と蒸し餃子とスープのセット(拌面&柳叶蒸餃&炖罐)1,380円。

スープは、冬虫夏草の花と鴨肉の蒸しスープ(虫草花炖鴨肉罐)にしてみました。

Cセット:拌麺と蒸し餃子とスープのセット(拌面&柳叶蒸餃&炖罐)1,380円
Cセット:拌麺と蒸し餃子とスープのセット(拌面&柳叶蒸餃&炖罐)1,380円

3品揃った写真を撮りたかったのですが、まず先に拌麺とスープが運ばれてきました。

拌麺と虫草花炖鴨肉罐
拌麺と虫草花炖鴨肉罐

拌麺は平打ちの麺でに、ねっとりとしたピーナッツだれを、よく和えていただきます。

武漢熱干麺と同じくほとんど汁気が無く、間を置くと麺がくっついてしまうので、出て来たらすぐに混ぜた方がいいですね。

拌麺(ピーナッツ味)
拌麺(ピーナッツ味)

拌麺で持って行かれた口の中の水分を補おうと、スープをすくって飲むも、これが熱々なのであわてずに。鴨肉も骨付きなので、齧る時は慎重に。

冬虫夏草の花と鴨肉の蒸しスープ(虫草花炖鴨肉罐)
冬虫夏草の花と鴨肉の蒸しスープ(虫草花炖鴨肉罐)

オレンジ色のひょろっとしたものが、高級食材冬虫夏草の虫に寄生させないバージョンのキノコ虫草花

同じく御徒町にできた、きのこ鍋専門店 何鮮菇(ホーシェング)のランチ火鍋にも入っていたやつですね。

骨付き鴨肉と虫草花
骨付き鴨肉と虫草花

そして最後に、餃子が蒸しあがってきました。

柳叶蒸饺(柳葉蒸し餃子)
柳叶蒸饺(柳葉蒸し餃子)

独特な包み方をしていますが、メニューの中国語表記を見ると、の簡体字ですので、柳の葉っぱに見立てられているようです。

沙県老鼠蒸餃(沙県ネズミ蒸し餃子)という呼び方もあるみたいですが、柳の葉とネズミのどちらに見えますか?

小振りながらも、もっちりとした皮を、甘みのあるタレにつけていただきます。

本家本元の沙県小吃は、チェーン店とはいいつつも、つながりはゆるく、お店ごとに個性があるようで、湖南省で入った店も、写真では分かりづらいですが、パックマン風のロゴマークに沙県小吃の表記もあったので、正規店なのかなと思いますが、料理はこんな感じ。

いかにも大衆食堂といった風情。

湖南省で入った沙県小吃(2010年7月)
湖南省で入った沙県小吃(2010年7月)

こちらの日本沙県食坊は、店頭のキャッチコピーで中国B級グルメレストランと謳っていますが、それに続くこの旨さは本物!も伊達ではない、日中のいいとこ取りしたような、清潔感があってカジュアルに福建小吃がいただけるお店でした。

 

日本沙県食坊 御徒町店
住所: 東京都台東区上野6-3-14 (地図
アクセス:JR御徒町駅 北口 徒歩1分/地下鉄 仲御徒町駅・上野御徒町駅 A7出口はす向かい
営業時間:11:30~24:00

 


text & photo 小杉勉


コメントする

Please enter your comment!
Please enter your name here